JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5404
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

左の前足を軽くびっこひいています ひどい時や、ほとんど分からないときもあります 散歩の時に痛がる様子も無く、元気

質問者の質問

左の前足を軽くびっこひいています
ひどい時や、ほとんど分からないときもあります
散歩の時に痛がる様子も無く、元気にリードを引きます
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、

-もう少し詳しく状況を説明していただけませんか。

年齢や犬種、性別、体重
太り気味か普通の体系か?

既往歴などを教えてください

質問者: 返答済み 5 年 前.

ゴールデンレトリバー

7歳です

5月頃には体重33kgでぽっちゃりのため、

症状が出ているのかと思い

おやつやフードを少なくして、現在29kgです

病気は皮膚が少し弱いのと時々お腹の調子が悪くなります

左の前足の付け根に柔らかい塊のような物が以前からあります

気づいてから、3年くらいですが、大きさは変わりないです

お医者さんに聞いたこともあるのですが、特に何も言われなかったです

専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
前肢を跛行する原因は様々です。

まず多いのが慢性の変形性関節疾患です。関節が変形して跛行します。
レントゲン検査や触診で検査します。

あとは免疫介在性の関節炎です。これは関節液検査やリュウマチ因子などの免疫系の血液検査が必要です。

それ以外には頚部脊髄疾患で椎間板ヘルニアや脊髄腫瘍などでも起こります。

これらの鑑別が出来る病院を探して検査してもらいましょう。

お大事にどうぞ

犬 についての関連する質問