JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

シーズー13歳。半年位前から後ろ足がもつれるようになり歩行困難な状態です。病院に連れていくもハッキリした答えがなく、

質問者の質問

シーズー13歳。半年位前から後ろ足がもつれるようになり歩行困難な状態です。病院に連れていくもハッキリした答えがなく、最近ヘルニアと診断されました。
MRIをうけて手術をした方がよいと言われましたが、13歳の犬に手術は体力的に大変なのではないでしょうか??
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
手術も麻酔も負担としては大きいです。
まずは、診断をつけるためにCTな いし、MRIを受けて(麻酔が必要)、それで手術適応と判断されたら手術ということになります。

13歳のシーズーさんにそれを勧めるかどうかは微妙なところです。
13歳でも心臓も腎臓も他の内臓も全て健康であれば、手術に耐えられる可能性は高いですが、手術をしたら確実によくなるというものではありません。

飼い主さんはどのような希望を持たれていますか?

やはり13歳の子であると手術のメリットとリスクを天秤にかけて手術することになります。
個人的にはあまり勧めないことの方が多いです。

慢性の関節炎などが起立を困難にする要因の一つになることもありますが、そのあたりの検査はされていますか?
またお薬である程度回復可能なことがありますが、何か投薬を受けられていますか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
質問を質問で返答されているところ。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
慢性の関節炎などが起立を困難にする要因の一つになることもありますが、そのあたりの検査はされていますか?
またお薬である程度回復可能なことがありますが、何か投薬を受けられていますか?

犬 についての関連する質問