JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ゴールデンレトリバー6ヶ月です(♀) 週2回程度近くの海で放して(田舎なので誰もいません)遊ばせていましたが 突

質問者の質問

ゴー ルデンレトリバー6ヶ月です(♀)
週2回程度近くの海で放して(田舎なので誰もいません)遊ばせていましたが
突然歩きたがらなくなり左足を引きずるようになりました、座り方も足を投げ出すような座り方になり
股関節形成不では?

股関節形成不は自然治癒するのでしょうか?また
食事の量も減らして行くべきなのでしょうが(22.8キロで座った時の頭までの高さは65センチ)と小型のようですが
現在は、大型犬の仔犬用を1日2回で380グラムあげています。アバラ骨もちゃんと触れます。
よろしくお願いします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
まず、股 関節形成不全というのは股関節の構造上の問題(関節の作りの問題)ですので、自然には治りません。
ひどい場合は手術をしないと、どれだけ太らないようにしたり、滑らないようにしたりなどの生活の工夫をしていても悪化していきます。

ですのでまずは、病院でレントゲンなどを撮ってもらい、手術が必要なのか、保存療法(手術をせずに薬と食事管理などで維持する)でいけるのかどうかをある程度判断してもらう必要があると思います。

股関節形成不全の保存療法の場合は運動制限が必要になることも多いです。
そのあたりの判断はやはり、レントゲンなどの検査結果によって判断しないと難しいと思います。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
すいません、追加です。

食事量に関しては、食事の種類によってカロリーが変わりますので、基本的にはそのフードの袋に書いてある食事量を目安にしてください。

そして、股関節形成不全の子は太らさせないというのは基本ですが、あまりやせすぎると筋肉量が減って股関節の周りを支えている筋肉も減ってしまい、逆に関節への負担が増えることが考えられます。
ですので、あまりがりがりにせずに、ある程度の運動が必要というのが最近の考え方の主流です。

痩せさせるのがいいということではありません。
質問者: 返答済み 5 年 前.

診療はどこでも  という言い方は変でもあり失礼になりますが、大型犬をあまり扱わない獣医さんでも適切なアドバイスを頂けるのでしょうか?

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
基本的にはどこでも大丈夫だと思いますが、大型犬のレントゲンはある程度大きめのレントゲン装置が必要になりますし、スタッフの数が必要になることがあります。
さらには、手術はある程度大きい所でしかやっておりませんので、手術適応の有無(手術するべきか否か)というのは、手術の件数をこなしているところではないと、難しくなるかもしれません。

ですので、できれば少し大きめの病院(特に整形外科をやっている病院)に行かれることをお勧めします。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
すみませんPCの具合が悪く修理に出していました
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
いえ、だいじですよ。
お大事にしてください。

犬 についての関連する質問