JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

2か月ほど前から、ほとんど食事をせず、病院に通っていますが、改善しません。症状は 1) 食事を摂らない、少し食べた

質問者の質問

2か月ほど前から、ほとんど食事をせず、病院に通っていますが、改善しません。症状は
1) 食事を摂らない、少し食べたと思っても、吐いてしまう。
2) 毎日下痢、しかも血便。多い日は、1日6~7回。
3) 最近は、足のふらつきも見られる。
4) 血液検査、エコー、レントゲンの結果は、飢餓の状態以外は異常なし。
5) ステロイドと抗生物質の注射を毎日打っているが、効果なし。
どうすれば良いのか、アドバイスお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
もう少し情報をください。

何歳の子でしょうか?
投薬は現在でどのくらいの期間になるでしょうか?
何キロの子でステロイドは具体的にどのくらいの量を飲ませていますか?
ホルモンの検査はされていますか?
血液検査の項目に電解質は入っていますか?
検査されている項目を教えていただきたいです。

よろしくお願いいたします。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
少しお待ちしても返答が来ていないのと、緊急度が高ですので、今の情報の範囲内でお答えさせていただきます。
もし追加の情報があれば返信にお書きいただけるともう少し詳細な回答ができると思います。

まず、症状がある程度一致して一般的な血液検査、レントゲン検査、超音波検査で引っかかってこない病気をあげさせていただきます。
1.ホルモンの病気
 特に副腎皮質機能低下症
 これは症状がかなり一致します。
 診断方法は特殊な血液検査をして、それを検査センターに送ってホルモン濃度を調べることです。
 通常はある程度のステロイド剤を使っていれば症状が良くなっていきますが、ステロイド剤が少ないとよくならない可能性もあります。

2.炎症性腸疾患(IBD)
 特発的な慢性の腸炎の総称です。
 自己免疫性疾患の一つと考え られており、食欲不振、嘔吐、下痢(血便)、痩せてくる等の症状が起こります。
 確定診断は腸の内視鏡検査で行います。
 こちらもステロイド剤でよくなることが多いですが、用量が低いと反応しないこともあります。

3.胃腸の腫瘍
 症状はIBDと同じようになります。
 超音波やレントゲンでは分からないこともあり、バリウム検査、内視鏡検査、場合によっては開腹手術をしてみて診断がつくということもあります。

4.胃内異物
 これは閉塞を起こさない程度の異物が胃の中にずっとある場合に、IBDと同じような症状を起こすことがあります。
 バリウム検査によってわかることが多いです。

5.その他
 膵炎やある種の腫瘍(肥満細胞腫など)でも同様の症状を起こすことがあります。
 これらの病気にしては少し経過が長い気もしますが、可能性としてはあると思います。


現在の状態でこのまま治療を続けて行ってもよくなる可能性は低いと思いますので、ホルモンの検査やバリウム検査、内視鏡検査などはやるべきではないかと思います。

おそらく足のふらつきは、飢餓状態で、低たんぱくや低血糖、電解質バランスの異常を起こして出てくるのではないかと思います。
ですので、今の病院でやってもらうか、セカンドオピニオンを聞きに行かれるか、どちらにしても早めに選択されたほうがいいでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

追伸

バリュウム検査は既にしています。異常はありませんでした。

質問者: 返答済み 5 年 前.

追伸

バリュウム検査は既にしています。異常はありませんでした。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
それであれば、異物や大きな腸管内腫瘍は可能性はほぼなくなりますね。
ですのでそれ以外のホルモンの病気、IBD、びまん性の腫瘍等の検査を進めていく必要があると思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

追伸 ステロイド剤は昨日まで1mg、今日は2mgに増やして頂きました。一度2mgに増やした時には直後から下痢がひどくなったので、元に戻して頂きました。下痢がひどくなったのと、ステロイドの量が増えたのと関係がありますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

追伸 ステロイド剤は昨日まで1mg、今日は2mgに増やして頂きました。一度2mgに増やした時には直後から下痢がひどくなったので、元に戻して頂きました。下痢がひどくなったのと、ステロイドの量が増えたのと関係がありますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

追伸 ステロイド剤は昨日まで1mg、今日は2mgに増やして頂きました。一度2mgに増やした時には直後から下痢がひどくなったので、元に戻して頂きました。下痢がひどくなったのと、ステロイドの量が増えたのと関係がありますか?

質問者: 返答済み 5 年 前.

追伸 ステロイド剤は昨日まで1mg、今日は2mgに増やして頂きました。一度2mgに増やした時には直後から下痢がひどくなったので、元に戻して頂きました。下痢がひどくなったのと、ステロイドの量が増えたのと関係がありますか?

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
関係するかどうかは謬来次第ということになると思います。
病気によってはステロイドをある程度の用量で使わないと効果がないこともありますし、ステロイドに弱い体質であれば、増量して下痢をしてしまうかもしれません。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
すいません。謬来→病気です。

やはり診断をつけないと、ステロイドの用量は決められないと思います。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答を承諾したいのですが、今までいただいた情報では、目新しいものはありません。料金を差し引いてお支払いしたいと思いますが、どうすればいいですか?

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
かしこまりました。
今まで頂いた情報で言えることは以上になります。

料金の件はこちらでは管理できないので、お手数ですが、事務局の方に問い合わせてみてください。

お大事にしてください。

犬 についての関連する質問