JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

8歳で突然亡くなったラブラドールレトリーバーのメスです。 一年前に右足前十字靱帯断裂手術をしました、 半年後に左

8歳で突然亡くなったラブラドールレトリーバーのメスです。
一年前に右足前十字靱帯断裂手術をしました、
半年後に左足前十字靱帯断裂手術をしました。
3ヶ月位してまた足を引きずるようになりました。
手術で膝を止めていたワイヤー?が切れていたそうです。

今回左十字靱帯断裂はTTA手術で行われました。
手術後、かなりアレルギー症状が出て痒みで血が出るくらいかきむしっておりました。
痒みどめの注射を2回しました。

手術して頂いた病院では1ヶ月半で終了という事で主治医の病院にて
血液検査を検査をしました。
弱ってい るように見えたそうですが内蔵、甲状腺も異常が無しの事でした。
その4日後に突然亡くなりました。

あまりの突然の事で自分を責めてばかりです。
暑い日続きに家を明け放して扇風機を回してる中の留守番が暑かったのか?
亡くなる朝、吐いていました。
食欲が急に無い状態になって半日で息を引き取りました。

金属アレルギーがありました事を手術した先生に伝えてなかった事や
一年一ヶ月の間に3回も全身麻酔の手術を受けさせた事が突然師になったのかと思ってみたり、
何かを気付けなかった事に後悔ばかりして立ち直れません。

節電でクーラーを使用しなかった事も原因だったかも知れません。

一年間に3回の全身麻酔での手術がいけなかってのか?、
金属アレルギーがあるのにチタンを膝にとめるTTA手術を受けさせたことが悪かったのでしょうか?
ちゃんと見とれなかっと後悔で立ち直る事が中々出来ないでいます。
考えられる原因を教えて頂いて、心の区切りをつけたいと思っています。
補足体重25キロ、避妊手術済みです。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
犬 に関する質問をする
返答済み 6 年 前.
こんばんは。
すみません、読み落としたかもしれませんが、確認させてください。
最後の金属を使う手術をして何日後に亡くなったのでしょうか?
質問者の返答 返答済み 6 年 前.
6月13日手術、4日間入院しました。退院する時にはかなり痒いようでした。点滴に抗生物質をかなり投与したから安心です~と言われて術後の飲み薬は有りませんでした。前回2回の手術の時は10日間位抗生物質など飲ませました。
今回のTTA手術後 かなり痒がっていましたので化膿などを心配されましたが、傷は綺麗に乾燥していました。主治医でのアレルギー治療は薬の取り合わせの問題があるので7月25日にやっと診て頂くことが出来ました。主治医の先生は愛犬がかなり弱っていると思われて血液検査をすぐにされましたが内蔵的にも甲状腺も異常がありませんでした。眼の廻り、のどのあたりの毛が抜けていました。7月30日に亡くなりました。10日位前に食事を吐いた事がありましたが夕方に帰宅した時はすっかり元気になっていました。
亡くなった朝、食事前なのに庭でゲボゲボと吐き気がしていました。皆が食事していてもじっとして見ていましたので朝食事は与えませんでした。出かけた私に主人から12時に亡くなったと電話がありました。苦しんでいた様子もなくそっと寝てる状態でした。
loverai0210, 獣医師 返答済み 6 年 前.
やはりお話だけから推測すると、金属アレルギーによる死の可能性も否めないかもしれま せん。
ただ重度のアレルギーのときは、血液検査の白血球が上がり、そのうちの好酸球というものもふえますので、それからもわかると思います。ただ今回はそれらの異常もなかったんですよね?

また、それ以外でも突然の心臓発作なども考えられます。これは手術をしたかとかアレルギーなどとは無関係に起こることもあります。
ただ人間でも重度のアレルギーでアナフィラキシーショックを起こし、亡くなることもありますので、可能性はあるでしょう。
loverai0210, 獣医師 返答済み 6 年 前.
やはりお話だけから推測すると、金属アレルギーに よる死の可能性も否めないかもしれません。
ただ重度のアレルギーのときは、血液検査の白血球が上がり、そのうちの好酸球というものもふえますので、それからもわかると思います。ただ今回はそれらの異常もなかったんですよね?

また、それ以外でも突然の心臓発作なども考えられます。これは手術をしたかとかアレルギーなどとは無関係に起こることもあります。
ただ人間でも重度のアレルギーでアナフィラキシーショックを起こし、亡くなることもありますので、可能性はあるでしょう。
質問者の返答 返答済み 6 年 前.
今回の手術後は抗生物質などの服薬がなかった事もかなり気になっています。
前回2回の手術後は2週間近く服薬をしました。
TTA手術が成功したのと4日間の入院中の点滴にかなりの量を入れてあるので服薬の必要が なし・・・との事でした。2週間後の診察の時はかなりアレルギー症状で痒みも強く、まだ足を付いてあるかないので注射をされました。「これで痛みもなくなって劇的に足をついて歩ける様になります。痒みも無くなります」との事でした。足は少しづつ付ける様になりましたが、痒みは相変わらず酷かったです。痒みがひどいので主治医に治療してもらいたかttのですが、薬がだぶってはいけないと言われてやっと主治医に行けたのが7月25日でした。
TTA手術の成果をかなり気にされていた手術担当の先生は術後ケアが甘かった?のかなと思っています。
loverai0210, 獣医師 返答済み 6 年 前.
そうですね…それだけかゆみがあったのなら、術後にもう少しケアが必要だったと思います。

手術を担当された先生と主治医が違うというのもややこしくなった一因かもしれませんね…

犬 についての関連する質問