JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

こんにちは。  10歳のビーグル犬メスを飼っています。出産経験ナシです。 数年前から体の表面にイボができ

解決済みの質問:

こんにちは。 

10歳のビーグル犬メスを飼っています。出産経験ナシです。

数年前から体の表面にイボができる ようになりました。最初は心配し、病院で見せたところ、あまり心配はいらないよと、ハサミでちょきん!でした。あまり心配いらないならいいかと思いその後他の場所にできるイボはほったらかしにしていました。
 だけどこの頃イボが少し大きくなってきたように思います。一番大きいイボは細長く、3ミリx10ミリ程。他2か所は2ミリ大程です。

あと、体を触っているとシコリのようなものもあり、大きさに変化はないのですが気になります。背中と脇腹の2か所です。

やはり病院いくか、迷っています。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

今まで放置したものはイボかもしれません。それはそのままでもいいかもしれません。

しかし、背中と脇腹のしこりとして感じられるものはいままでのものとは違うものということなら、動物病院を受診すべきでしょう。動物病院によって、対処方法は様々ですが、当院では、まず細い針で刺し、細胞を吸引したものを調べます。それで怪しければ、麻酔をかけて、その部分をくり抜き、縫合します。ただそのときに肥満細胞腫が疑われる場合には、あらかじめ刺激を抑える注射をうってから行い、最初から大きく切除する手術を行います。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問