JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

15歳でオスの老犬が鼻水(粘りの強い)が凄いので病院に行き診てもらた所、 抗生物質(アドナ)と消炎剤をもらい様子見

質問者の質問

15歳でオスの老犬が鼻水(粘りの強い)が凄いので病院に行き診てもらた所、
抗生物質(アドナ)と消炎剤をもらい様子見でしたが、ひどくなるので、
また、行ったら検査をしたところ、虫歯が酷いから抜かないと良くはならないと言 われました。

事前検査をしたら、Ht,RBC,ALBは正常値より低く、MCHC,BUN,ALPは高く
手術は輸血が必要なので、万が一を考えてください。歯も抜くので骨折しやすいと言われましたのでやめました。

現在は食欲もあり、元気ですが、鼻水が出て苦しそうです。
楽にしてあげるにはリスクを背負ってまでしなくてはいけないのでしょうか?

お答えよろしくお願いいたします。                
                                 ほーのおかあさん
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
検査の実際の数値がわかれば教えてください。
高い低いといってもどの程度かによって、リスクが変わってきますので。
質問者: 返答済み 5 年 前.
Ht23,RBC349,Hb8.2,MCHC36.8,BUN31.4,CRE0.3,ALP500,ALB2.5です
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
貧血は確かにかな り強く、麻酔のリスクは高いといわざるを得ませんね。
その他の検査結果は抜歯や歯石除去程度であればそれほど問題ないと思います。
その他、心臓などに問題がなければ、輸血をして麻酔をすればおそらくは大丈夫だとは思いますがこの貧血の原因自体が気になります。

老齢になると貧血気味にはなりますが、Htが30以下という貧血は病気といっていいのではないかと思います。
歯や鼻からの出血でHtが下がっているのであれば、まず薬である程度出血を落ちつければ、徐々に上がってきますので、それから麻酔で歯の処置をしてもいいのではないかと思います。
それ以外にホルモンの病気や腫瘍等も貧血の原因になりますが、貧血の原因に関して何か言われていませんか?
質問者: 返答済み 5 年 前.

歯からの出血はありません。

鼻水の時と、犬歯があたってる口の所が多少出血してます。

 

首と胸にしこりの様なものがあり、検査しましたが悪性のものではありませんでした。

その他は言われていません。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
回答ありがとうございます。

僕はまずはもう少しお薬で様子を見られた方がいいと思います。
お薬に関してはアドナは止血剤になります。
抗生剤(場合によっては鼻水を培養して効く抗生剤を決めた方がいいかもしれません)と止血・抗炎症剤(トラネキサム酸やあどな、抗ヒスタミン剤など)である程度は抑えれるのではないかと思います。
うまくいけばそれで貧血もある程度改 善するかもしれません。

2週間程度やって効果があまりなければ、抗生剤を変えたりして、それでも良くなければ麻酔をかけて歯の処置という順を追っていいのではないでしょうか。
今元気で食欲もあるということなので少し薬が効くかどうか見る時間はあると思います。

貧血に関しては、慢性の炎症と、出血と老齢性のものと色々としたものがあって貧血になっているのではないかと思いますが、甲状腺機能低下症や、脾臓の腫瘍などでも貧血が来ますので、そのあたりも調べておいた方がいいと思います。
特に麻酔をかける場合はそれらの基礎疾患があるとリスクがさらに上がってしまいますので。
専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
回答あ りがとうございます。

僕はまずはもう少しお薬で様子を見られた方がいいと思います。
お薬に関してはアドナは止血剤になります。
抗生剤(場合によっては鼻水を培養して効く抗生剤を決めた方がいいかもしれません)と止血・抗炎症剤(トラネキサム酸やあどな、抗ヒスタミン剤など)である程度は抑えれるのではないかと思います。
うまくいけばそれで貧血もある程度改善するかもしれません。

2週間程度やって効果があまりなければ、抗生剤を変えたりして、それでも良くなければ麻酔をかけて歯の処置という順を追っていいのではないでしょうか。
今元気で食欲もあるということなので少し薬が効くかどうか見る時間はあると思います。

貧血に関しては、慢性の炎症と、出血と老齢性のものと色々としたものがあって貧血になっているのではないかと思いますが、甲状腺機能低下症や、脾臓の腫瘍などでも貧血が来ますので、そのあたりも調べておいた方がいいと思います。
特に麻酔をかける場合はそれらの基礎疾患があるとリスクがさらに上がってしまいますので。
japavetをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。

ようやくほっとできました。

 

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
助けになれば幸いです。
お大事にしてください。

犬 についての関連する質問