JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

愛犬がなぜ死んだのか、病名もわからないまま突然元気だった子を失って苦しんでいます。 朝元気だったのに急にしゃがみこ

解決済みの質問:

愛犬がなぜ死んだのか、病名もわからないまま突然元気だった子を失って苦しんでいます。
朝元気だったのに急にしゃがみこんで立ち上がらなくなりました。往診に来ていただいたら貧血だろうということで病院へ。それから4時間後貧血ではなかったし、心臓も悪くなかったけど低血圧が改善されないのでまだ自宅に帰れないという連絡。でもその2時間後に心臓が止まったと言われてかけつけたときにはすでに死んでました。9歳7か月のゴールデンレトリバーです。
請求書には点滴1回分と注射1本分が含まれてました。どのような治療をしたのか説明を求めたかったのですが、院長は私の顔を見るなり逃げるように奥へ。
あとから思えば、数日前から後ろ足がふらつくことがあったり、散歩の途中でしゃがみこんだり、倒れる2日前に食べ物を嘔吐したということがありました。
死んだときの説明ではレントゲンに映らない弁膜か何かに原因があったかもしれないが解剖しないと分からないといわれました。倒れてからたった7時間の出来事です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

高齢の本犬種に多い疾患として、今回のような症状を呈するものには、心臓腫瘍と脾臓の血管肉腫(癌の仲間)があります。どちらも体のなかで大出血を起こし、急激に悪化し、亡くなってしまいます。お悔やみ申し上げます。

質問者: 返答済み 5 年 前.

血液検査の結果すべて正常でした。

死んだときにどこからも出血はありませんでした。

1年前に低血糖で昏倒したことがあります。そのときいろんな検査をしましたが、すべて正常で数か月おきに血液検査は欠かさずやっておりました。

春には数値も正常になり安心したところでした。

ただこの時のことでいつ倒れるかもしれないという恐怖から一人ぼっちにできるだけしないよう生活のリズムをすべて犬に合わせるぐらい気を付けていたので、どうしてこうなったのか・・・

多分来院したときの院長の態度から本当のことをおはなしいただくのは無理と思いこちらで相談しております。

 

 

 

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
血液検査だけでは、先述の病気は見つかりません。また、身体の中に出血しますので、外見からは出血は見えません。おそらく確率的には2つの病気のうちのどちらかだと思います。
yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問