JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5400
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

現在 11歳のウイペットがクッシング症候群になってしまい半月前から治療を始めました。 アドレスタンというカプセルを

解決済みの質問:

現在 11歳のウイペットがクッシング症候群になってしまい半月前から治療を始めました。
アドレスタンというカプセルを1日10mgを2回からはじめ現在は30mgを2回飲んでいます
筋力の低下が著しく起き上がるのがとてもたいへんで歩くときは足の関節が曲がりにくいらしく
棒歩きのようにして歩くためすぐにつまつぎます。体重も24㌔に増えてしまい足にかかる
負担も大きいようです。治療をすすめてコルチゾールの数値が正常に近づいていけば
筋力も回復していきますか
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
は じめまして、

アドレスタンは国内販売されたのは最近ですが、海外ではすでに何年も前からありました。私も他のクッシング用の薬も含めてかなり使用経験はあります。

経験上からするとクッシングは使っている薬で完全に抑えられるものではありません。
軽度のクッシングはかなり改善しますが・・・

ある程度症状が重いものについては現状維持程度からそれなりに改善したものまで色々ありました。障害を受けた場所によって改善しやすところと改善が難しいところがあるのでしょう。

皮膚の脱毛や筋力低下はある程度回復しますが
関節の場合には関節が既に不可逆的な障害を受けていると改善が難しい場合も
あります。酷いものでは関節が外れてしまったものをみたことがあります。

大型犬で関節に負担がかかりやすいので無理ができませんからプールなどでの筋力トレーニングが必要かもしれません。その辺りの今後の見通しやリハビリについては担当の先生と相談しましょう。

お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問