JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

犬の顎にしこりができました。推定11歳のビーグルの強いミックス、雌です。 かかりつけの病院では、たぶん良性の腫

解決済みの質問:

犬の顎にしこりができました。推定11歳のビーグルの強いミックス、雌です。

かかりつけの病院では、たぶん良性の腫瘍だろうと言われました。見つけた時は1㎝だいでしたが、2ヶ月ほどで倍以上の大きさになっています。
もともと、甲状腺機能低下でしたが、その部位ではないそうです。

悪性かどうかは、全身麻酔の手術で取り出し、細胞診と言われました。
犬本人は気になっていないようですが、痛い思いをさせても手術すべきか、もうしばらく様子をみるか悩んでいます
。アドバイスを宜しくお願いいたします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 5 年 前.
こんにちは。
結論から言いますと、手術をお早めにしたほうがよいと思います。
二ヶ月で倍以上の大きさになっているのなら、比較的進行のスピードが速いですし、悪性の可能性もあります。
このままほおっておいて、どんどん大きくなってから手術すると、手術時間もかかりますし、傷口もか なり広くなります。
それよりは、小さなうちに根っこからとって、悪性であれば抗がん剤などの治療を早くはじめたほうが手後れにならないでよいと思います。
麻酔のリスクは多少はあるかもしれませんが、どんどん大きくなって重くなってくるとわんちゃんのほうがつらくなります。
お早めにしたほうがよいでしょう。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問