JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

巨大食道症のミニチュアダックスです、チューブ食餌をするため手術する事にしましたが オペの危険度及び術後の状態の事が

解決済みの質問:

巨大食道症のミニチュアダックスです、チューブ食餌をするため手術する事にしましたが
オペの危険度及び術後の状態の事が気がかりなので、一般的で結構ですから教えて下さい
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

手術自体の危険度はあまり高くありません。

術後、術部の消毒などがしばらく必要ですが、しばらくすると、それも不要になります。最初は生理食塩水などの液体を入れてみて、問題ないようなら、流動食を入れていくことになります。チューブが詰まらないように、流動食を与えたあとは、水などを流し込み、きれいにしておくことが大切です。

巨大食道症の原因はなんだということになっていますか?この病気のリスクとして高いのは、誤嚥性肺炎です。肺炎の兆候がみられたら、集中治療が必要でしょう。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問