JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5404
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

10

解決済みの質問:

5才1ヶ月の柴(メス避妊済)ですが、後ろ足両方が部分的に脱毛して(痒みがあるらしくカミカミしています)抗生剤を計10日間獣医師の先生の指導で飲ませたのですが、症状は変わりません。ピンク色でプクプクしているように見えます。足の他背中にも脱毛部分があることが、分かりました。4日前に先生のところに連れていった時は背中の脱毛はなく、足は毛がまた生え始めている気配はないものの、全身に 広がっているわけではないから薬用シャンプーを週1回しながら様子をみましょう、と言われました。細菌性だ(それで抗生剤を処方)と言われていますが、症状が改善せず、背中まで脱毛し始めたため、どうしたらよいかと悩んでいます。薬が効いていないのではないでしょうか?別の動物病院に連れていくことも考えています。どうぞ、上記の症状から、どのようにすべきかお教えいただけないでしょうか?よろしくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 6 年 前.
はじめまして、

痒み のある脱毛性皮膚疾患では

細菌感染
ダニやノミ、デモデックスという寄生虫による痒み
アトピーや食餌アレルギー
マラセチア(真菌の一種)や真菌など
皮膚型リンパ腫
自己免疫疾患による天疱瘡などの皮膚病

などが鑑別リストに挙げられます。
初期の治療に反応しないのであればきちんと皮膚の検査が必要と考えられます。
スクラッチ検査や皮膚の細菌やカビの培養検査、場合によっては皮膚の部分的な切除による病理検査、食餌アレルギーの検査などを行ってくれる病院を探しましょう。

治らないのであればセカンドオピニオンを受けることも検討した方が良いでしょう。
病院によっては得意不得意があります。皮膚の得意な病院を探してください。

お大事にどうぞ
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問