JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

17 3

質問者の質問

ブルドック、雌4歳、17㎏。生後2か月半で飼い、3か月頃から手足の付け根、あごをかきはじめ、2歳ぐらいから薬を飲ませていましたが効果がなく、皮膚の方は増々ひどくなり体全体に広がってしまい、自分でかきつぶしています。軟膏をぬってもききめが無くどうしたら良いのか悩んでいます。よろしくお願いします。s
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

私は見ていないので、何とも言えないところですが、転院したところの獣医師と同じお話しをさせていただくことになると思います。皮膚病はいろいろな要因が絡んでいますので、とくに時間の経過した場合には、問題の特定が困難で、各種検査、診断までに時間がかかります。食餌の変更、こまめなシ ャンプー、抗生物質、カビの薬、アレルギーの薬、サプリメントなどなど。また、完全に治ってしまい、なんのケアも必要ないということはほとんどなく、生涯にわたって、ケアが必要です。先日は大型犬で、ご家族に赤ちゃんが産まれるということで、治療できない皮膚病ではなかったのですが、飼い主様の幸せを考えると、ご家族では安楽死という選択をされました。それほど皮膚病には飼い主様の献身的な継続的なケアが不可欠です。

専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
治るかどうかは原因と診断ができるかどうかだと思います。

たとえば、アトピーだとず っと言われてきて検査をしてみたら実は毛包虫(ニキビダニ)だったということもありました。
その場合はニキビダニの治療をすることで、徐々に良くなって行きました。

ブルドックちゃんはアトピーやアレルギーが出やすい犬種であるのは間違いありません。
ですのでそういった病気の場合はお薬やシャンプー(薬浴)、食事などでうまいこと付き合っていくしかありませんが、その前にそれ以外の病気をしっかり除外できるかどうかです。
治療と並行して、感染症(ニキビダニ、疥癬、マラセチア、皮膚糸状菌、膿皮症など)をしっかり除外してそのうえで、治療していく必要があると思います。

犬 についての関連する質問