JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

犬13歳 突然歩けなくなって今日朝一で動物病院に連れて行くまで、気をつけたほうがいいことなど

解決済みの質問:

犬13歳 突然歩けなくなって今日朝一で動物病院に連れて行くまで、気をつけたほうがいいことなど 教えて下さい。昨夜10時過ぎに夜ご飯をあげて完食。それまでは、犬は、寝室で寝ていたんですが、 ご飯の場所までもちゃんと歩き、いたって普通でした。 5分後くらいフードボールの前あたりで、急にこけました。 後ろから目撃しましたが、右前足が内側に滑ったような感じで、右に転倒。 滑ったのかな?と思って水を汲替えてあげようとしたら、立て続けに転倒。 おかしいと思い様子を見ていたら、右側のバランスが取れないのか、4本足で立ってはいられるものの、 歩行しようとしたら、右に崩れるように倒れてしまい歩けないようです。初めの転倒がたまたまで、くじいた 事で、そうなった感じではなく、足の裏に異常はないかしらべましたが、何も挟まっておらづ、全身を撫でたり、軽く押し揉みしても痛がらない。 鼻もぬれていて、呼吸も普通。舌の色も普通。食欲もあり。 30分ほど様子を見ていましたが、横になっていましたが、歩ける様子はなく、ハーネスを着けてリードでつった状態で、ささえて歩いても、前後の足は力が入っているようですが、右後ろから崩れそうな感じでした。 立った状態で、身体をぶるぶるっと、ふる動作をしようとしたら、出来ないようです。 3時頃にはだいぶんマシになって、ハーネス支えなくても、ゆっくりですが、歩いています。 トイレもできました。ですが、やはり、ゆっくりな歩行で、後ろ足で立ってチンチンをしようとしたみたいですが、倒れそうになったので、支えた感じです。

本当に突然の出来事で、夜ご飯を食べ終えそうなるまでは、いたって健康左肺に20ミリくらいの癌がありますが。散歩もいきますし、走り回っていました。

投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

もうすぐ動物病院の開く時間になっていますが、その後いかがでしょうか?

肺の癌は検査ではどういう状態だったのでしょうか?それが癌なのだとしたら、脳や脊髄に転移して、そのような症状が出ていることはおおいに疑われます。また、犬種によっては首の脊髄の血行が悪くなったり、ヘルニアになったりでもそのような症状がでます。今後のことは主治医とよく相談してください。癌だとしたらそのサイズは非常に厳しい状態だと思われます。

うまく歩けずに階段などの段差から落ちないような管理が必要でしょう。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.
早朝より、回答ありがとうございます。
慌てて質問をしたので、内容が解りづらいようでしたら、申し訳ありません。

病院は9時半からです。

肺の癌は検査…9月13日に右肝臓の、良性と診断された出来物の経過を見るための
CTで、たまたま発見されました。
主治医は原発性の可能性もあると言われました。手術をするならば、
左肺奥のようで、胸部切開で、肋骨の間から切除が無理な場合は、骨を削って…と言われ、年齢的、予後のリスク等を考え 手術はしないことにしました。

今のところ、呼吸も普通で、自分で水も飲めて少しゆっくりですが、歩いています。今は眠っています。

2cmの出来物が癌であるならば、そんなに厳しいのでしょうか?
脳や脊髄に転移…この場合の症状ならば、症状は、一過性ではなく持続的に続くのでしょうか?

犬種は雑種・雌です。
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

肺のできものということで、 それが癌かどうかは調べていないということですね。もし、癌ということで、このサイズだと、転移している可能性が高く、その部分だけの切除では、その後の生きられる期間(予後)は短く、もし、今の症状が、脳転移によるものを、主治医が推測するようなら、厳しいということになります。転移しているできものが正常な脳細胞などを圧迫することで、炎症が起きます。この炎症を抑えることで、一時的には症状が緩和されると思います。しかし、頭蓋骨という限られた空間のなかで、腫瘍が大きくなっていけば、炎症を抑えるくらいでは、頭蓋骨内の圧力は高まるばかりで、症状の改善は見込めなくなるでしょう。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問