JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5328
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

6

質問者の質問

6歳のトイプードル メス

これといって病気もせず元気いっぱいで過ごしてきました。
食欲もあり 、うんちも正常

症状が出たのは昨日からです。

はしゃいで走りまわっていたかと思ったら
手足を震わせ歩行できなくなってしまい
ガタガタ震え出し横たわってしまいました。
5分もしないうちに歩行できるようになり
普通どおり、元気な様子に。

今日も同じ症状が出ました。
外で遊んでいると、急に横たわってしまいガタガタ震え出し
数分で元にもどりました。

ご回答よろしくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

脳の病気か心臓の病気だと思われます。年齢的には脳腫瘍ですが、若いころからあったてんかんに気付かなかったのかもしれません。また、心臓であれば、僧帽弁閉鎖不全症が多発しますが、あまり今回のような症状は出しません。いずれにせよ、早めに動物病院で検査を受けましょう。

専門家:  japavet 返答済み 5 年 前.
少し違った意見を書かせていただきます。

確かに症状からは脳から来る発作が疑われるでしょう。

トイプードルちゃんの6歳という年齢は脳腫瘍には少し早いという気がします。
この前見たデータでは脳腫瘍が起きる年齢は90%以上のワンちゃんで、8歳以降というものを見ました。
また、全ての犬種に腫瘍は発生しますが、大型犬では比較的年を取るのが速いため、4,5歳でできることも多いですが、トイプードルちゃんで は6歳での脳腫瘍はあまり一般的ではありません。
もちろん、それくらいの年から脳腫瘍が起きてくることもありますが、僕はてんかんの可能性も高いのではないかと思います。
真性てんかんの可能性もありますし、続発性てんかん(たとえば頭を打ったとか)というものもあります。

まずはしっかり病院で検査をしてもらい、念のため脳以外の発作の原因(内臓の異常)がないかどうか確認し、また、身体検査上で神経の異常(これがあるとてんかん以外の可能性=脳腫瘍や脳炎など、の可能性が高くなります)がないかも見てもらった方がいいでしょう。



専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、

前述の先生たちと違った意見なので記述させていただきます。
経験からするとプードルでよくみるアジソン病(副腎皮質機能低下症)を疑います。

別名だまし病というくらいで、非特異的な症状がでます。
副腎皮質ホルモンが減少することで起るのですが元気が無くなったり多飲多尿や
低血糖など症状は様々です。通常の病院では経過観察になって見落としてしまう
ことがほとんです。症状 はゆっくりと進行する場合もあれば非常に早く進行
する場合もあります。どんどん具合が悪くなるようなら早めに病院へ行きましょう。

また特に非定型アジソン病と言って通常のアジソン病では血液検査で異常が出る電解質に異常が出ない為に初期診断が難しい場合があります。
確定診断にはACTH刺激試験というのが必要となります。

この病気は診断が難しいので内分泌が得意な病院で診察を受けることをお勧めします。

ご参考までに
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
どうですか?

病院に行ってみましたか?

犬 についての関連する質問