JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

4歳半のメスの柴犬です。昨日からずっとしっぽを垂れたままでいます。お祭りの開始の合図の花火が原因と思われましたが、今

解決済みの質問:

4 歳半のメスの柴犬です。昨日からずっとしっぽを垂れたままでいます。お祭りの開始の合図の花火が原因と思われましたが、今日になっても垂れたままです。家族が帰ってきたときなど、耳を倒して喜んでいるときも、左右に振る感じでやはり垂れたままです。排尿・排便・餌の食べっぷり、水の飲み具合はいつもと同じ、散歩もいつもと同じように歩きます。痛そうでもなく、寝られないわけでもなさそうです。ただ、しっぽが垂れっぱなしの分、不安そうには見えますが、飼い主の私が見えるところであれば、べったりくっつくわけではなく狭い所へ行くわけでもなく、普通にしています。しっぽがたれたままで何日もいることはあるのでしょうか?医者に行くタイミングはどんな時でしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

まずは花火が原因ということですが、毎年花火には悩まされているのでしょうか?あるいは今年が初めてなんでしょうか?花火を怖がる子は、雷も怖がるようですが、いかがでしょうか?できれば、その相談、治療に、動物病院を受診するのがいいでしょう。これに関しては緊急性はありません。ただし、神経性の胃炎を起こして嘔吐が始まる可能性はありますので、時間をみつけて、吐く前に受診することをお勧めします。

次に、尾が垂れているのが、脊髄(背骨のなかを走っている太い神経のこと)の異常によって起きているなら、ひどくならないうちに、動物病院を受診したほうがいいでしょう。脊髄に異常があるかどうか、チェックしてもらえると思います。それがなければ、一安心です。その尾が垂れているのが、正常範囲なのかどうかが分かると思います。

質問者: 返答済み 6 年 前.

早速お返事をありがとうございました。異常があるほどのことなのか、医者に診せた方がよいのか(安心するためにも診せた方がよいのでしょうが・・・その迷いがあったのでこちらに相談したわけで・・・)、どうお返事してよいかわからず、遅くなりまして申し訳ありません。

 

花火に関して言えば、これまででも怖がっておりました。花火だけでなく、雷や祭りの太鼓の音、運動会のピストルの音・・・よく猟犬にはなれない笑われていたほど。

特に3・11の震災(住んでいる地域が震度5強だったので、食器棚から食器が飛んできたような体験をしたので)の後は、かなりナーバスになっており、少しの揺れはもちろん(大型車の走行後の揺れなど)、テレビの緊急警報や、ニュース速報でもしっぽを垂れてテーブルの下や洗面所に逃げておりました。ただ、その時は、そのあとしっぽが戻ったので、気にもしていなかったのです。

最初のお問い合わせにも書きましたように、今のところ、しっぽが垂れている以外、特に何も変わってはいないのです。

階段の上り下り(させるのは望ましくないとはわかってますが)も通常通り、柴によく見かける片足立ちで体を掻くなどの動作も普通に見られます。

しっぽの垂れ具合が正常範囲かどうか、というのもわかりにくい問題ですね。

脊髄異常というのには少し驚きました。

少し様子を見たいと思っています。

専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

獣医師としては診察してみないと、いろいろなことを勘ぐってしまいます。でも診察すれば、それが疑心暗鬼だったことがすぐにわかるので(病気の可能性も十分ありますが)、ちょっと心配という程度なら、そのまま心配していてもいいとは思いますが、とても心配ということなら、動物病院を受診するのが精神衛生的にはいいと思います。これは飼い主様の性格に依るところ大です。

経過観察中に、前記の症状が出ないか、チェックしておきましょう。

音への恐怖は、克服しておいたほうが、今後のためにもいいと思います。お近くの動物病院でご相談くださいね。

質問者: 返答済み 6 年 前.

いろいろとご指導をありがとうございました。あれから丸二日 たって、しっぽが元通りになりました。もう一つ、先日のアドバイスのことで、音への恐怖の克服とありましたが、yasuyuki先生は具体的にはどのように患者さんに指導されているのでしょうか?私が診ていただいている先生は(過去に5人ほど診ていただきましたが)、こちらが真剣に相談していないせいか、音を怖がる犬は多いから・・・ぐらいの反応でした。もちろん犬の性格や恐怖の度合いによって違うとは思いますが。我が家の犬は病的なほどではないと思います。先日話したように地震の体験や、子犬のころ、散歩中に近隣に雷が落ちたなどの体験は根深いようですが。

専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

自然に治ったということでしょうか?よかったですね。

自然治癒力には驚かされることがありますね。

ご家庭でできる簡単なのは雑音のCDが販売されていますので、それをまず小さい音でかけておき 、飼い主様といっしょにくつろいでもらいます。徐々にボリュームを上げていきます。この徐々にが大切で、1回驚いたり、怖がってしまうと、最初からやり直しですし、警戒心が芽生えます。そして、そのCDが鳴っているときには、飼い主様もリラックスして本を読んだり、普通に遊んだりして、音が流れていることに気付かないくらいの演技が必要です。このトレーニングは花火なら花火のシーズンにやってはいけません。本物の花火で台無しになってしまうからです。台風、雷も然りです。それでもうまくいかない場合は弱い鎮静剤などを使いながら行います。実際は、進捗状況に合わせてカウンセリングをしていきますので、本格的に始めるなら、行動学の治療を行っている動物病院を探すのがいいでしょう。

質問者: 返答済み 6 年 前.

雑音のCDということですが、MDコンポやテレビから出てくる音には、花火や雷のものでも全く動じません。地震警報が頻繁になったときは、地震を連想してか震えていましたが。いわゆる生の音と機械からの音と、犬は判別できるような気がします。この辺はどうクリアしたらよいでしょうか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

1つはボリュームの問題です。小さい音で慣れたら、とても大きい音でどう反応するかみてください。

質問者: 返答済み 6 年 前.
ボリュームを上げても同じでした。犬は思いのほか?頭が良くて、TVやMDの音は生の音とと区別しているように見受けられます。
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.
スピーカーはラジカセのものでしょうか?もう少し大きなものが必要かもしれません。近所迷惑にならないように、夜はやめましょう。
yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問