JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

9 10

質問者の質問

9歳10ヶ月のミニチュアシュナ、オスです。
2ヶ月前ぐらいから下痢が続いています。調度その頃首が腫れていたので獣医に連れて行き、取り合えず抗生物質の注射、元気があまりなかったので栄養剤を打ってもらいました。抗生物質が合わず、3日目ぐらいにぐったりしてしまったので、やめたら少し元気を取り戻し、首の腫れも治まったのでしばらく様子をみてました。一ヶ月半、約1週間以上前に、また同じ首の腫れを見つけ、直ぐに病院 に連れて行き、前から歯、歯槽膿漏がひどかったので(既に以前にも7本ぐらい抜いてます)、そこから原因はきているのかも、ということで歯を専門にしてる獣医を紹介され連れて行きました。歯と歯槽膿漏はかなりひどい状態で結局14本と首の腫れも処置してもらいました。首の方は、唾液腺と血管が絡まっているということでした。組織検査の回答が間もなく出ます。退院して戻ってきたその日、翌日は疲れとストレスかと思いますが、ほとんど寝ていました。2日後、気分が少しよかったらしく、少し元気を見せてくれて、外をほんの少し歩きましたが、結局翌日から今もほとんど食事だけして、お手洗いのときだけ外に連れて行き、またすぐ寝るという状態です。食欲はあるのでそれだけが救いですが、水は自分からは飲まなくなってしまったので、シリンダーであげています。
その歯の獣医でお腹のエコーを取ったとき、肝臓にいくつか影があるから主治医に戻ってCTを取った方がいいと言われ、取り合えず今から大学病院を紹介してもらい2週間半後の予約待ちをしています。その歯の先生はお腹の方が気になると言っていました。
ただ2週間半もこの状態でおいておくべきではないと思うのですが。。前はこのぐらいの陽気はさほどがたがた震えるほど寒さを感じていなかったと思いますが、今は朝晩、外に出してもぶるぶる震えて外に出しても固まって動けなくなってしまいます。寝ているときも前と違って昼間でもいつも寝息を立てて眠りが深いような気がします。何が原因で元気がないのか、下痢がなおらないのかがさっぱり分からず、うつろな目、体力がほとんどないといった状態、どうしてあげればいいのか分かりません。
なんらかのアドバイスをどなたか頂けると有難いです。宜しくお願いします。
千葉県在住 スク
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
現状、何個かの問題があり、さまざまな原因が考えられます。

問題点としては
1.下痢が続いている
2.元気がなく、震える
3.肝臓に影が見られる
4.首が腫れた、歯根膿瘍があった
というところでしょうか。


まず4はこれで解決できるかもしれませんし、首の腫れが唾液腺のう腫のようなものであれば特に全身に影響しないと思いますので、これに関しては検査結果を待ってよいのではないでしょうか?

そして、1や2の症状と3が関係しているかどうかということになります。
僕は関係性がない可能性も高いのではないかと思います。

肝臓にエコーで影が見られるということは、肝臓の一部が正常な組織と違う状態になっているということを示唆しています。
具体的には腫瘍(悪性、良性あります)、肝のう胞、結節性過形成(老齢性変化で問題ないです)、肝硬変など。
肝臓に影があってもそれが どういったものかというのは実際にその細胞あるいは組織の一部を採取して検査しないと分からないことが多いです。
ただし、何かあったとしても血液検査に影響が出ていない場合は、全身状態に影響を与えることはあまり多くありません。

ですのでもし血液検査に異常が出ていないのであれば、また別の病気が隠れている可能性もあると思われたほうがよろしいでしょう。

元気がない、震える、下痢が続くといった症状が出る可能性のある病気として、副腎皮質機能低下症(アジソン病)や甲状腺機能低下症(どちらも血液検査でホルモンを調べるとわかります)や、リンパ腫(もし首の腫れがリンパ節の悪性腫瘍であった場合)が代表的な病気です。
もしホルモンの検査をされていないようであれば、一度されておいた方がいいでしょう。
また、歯根膿瘍があるとそこから細菌性心内膜炎等を起こすことがありますので、八卦球が高ければそちらも考えなくてはならないと思います。

どちらにしても、検査を待たれている間にあまり調子がよくなさそうであれば少し今の病院で出来る検査をされたほうがいいのではないかと思います。
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
すいません、かき忘れましたが、貧血気味というのもそこにあげさせていただいたアジソン病、甲状腺機能低下症、リンパ腫などでは起こりえる症状の一つです。

犬 についての関連する質問