JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

11歳 ポメラニアン オスです。 1か月程に突然後ろ脚がフラフラし首を傾けて苦しそうな顔になり、すぐにかかりつけの

質問者の質問

11歳 ポメラニアン オスです。
1か月程に突然後ろ脚がフラフラし首を傾けて苦しそうな顔になり、すぐにかかりつけの病院で レントゲンを撮ったところ、変形性脊椎症と診断を受け(腰のあたりの骨が2か所変形)、抗炎症と痛み止め(朝晩)を処方され少しずつ回復しているように見えましたが、3日前突然寝ている時に叫び声をあげ、苦しみ出しました。その後1日に数回発作のように苦しみます。しばらくすると落ち着きますが、かわいそうで見ていられない程です。
獣医に相談したら、何かの拍子に神経が圧迫され激痛が走るのだろうということで、このまま様子見ということになりました。処方されている薬は変わらず、アモキシリン細粒200mgプレドニゾロン5mg/1日 です。
手術は不可能で将来車いすの可能性有り、ということでした。
車いすでも何でもいいのですが、とにかく痛みを取ってあげたいのですが何か良い治療方法はないでしょうか。
6歳から心臓病の薬も毎日飲んでいて、たとえ手術が出来たとしても麻酔によって心臓がもたないのではないか、とも言われています。
毎晩絶叫で2~3回は飛び起きます。愛犬が1番かわいそうですが、私も寝不足でつらいです。
宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

心臓の悪さがどの程度か分かりませんが、麻酔をかけて、CTやMRIの検査を行なってみるといいと思います。これはたいてい大学病院での検査になりますので、そこで専門的に心臓病の評価をしてもらうといいでしょう。プレドニゾロンを使っているので、すぐには非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAID)が使えないので、その間、それ以外の鎮痛剤を処方しながら、NSAIDに切り替えていったほうがいいかもしれません。

高齢ですので、脳疾患でそのような症状がでているのかもしれませんので、てんかんに使うような薬が有効かもしれません。脳に脂肪酸が不足している可能性もありますし、脂肪酸は炎症を抑える働きもありますので、処方してもらうと、何らかの役に立つと思います。

質問者: 返答済み 5 年 前.

ご連絡ありがとうございます。

主治医の診断では変形性脊椎症なのですが、脳の可能性もあるのですね。

昨夜も2回激痛におそわれ、私も犬もほとんど寝ていません。激痛事態は10分くらいで治まるのですがその後も痛いらしくモゾモゾとしています。

 

心臓は6歳ころに僧帽弁閉鎖不全と診断され、毎日フォルテコールを服用しています。

心臓の肥大(中程度)と軽い咳の症状がありますが、脊椎の症状が出る前は、それほど「持病持ち」には見えませんでした。こんな感じでも麻酔は使える可能性はありますか?診察していないので何とも言えないでしょうが、可能性だけでも・・・。

 

あと一番お聞きしたいのは、完全に変形性脊椎症だった場合、外科手術というのはあるのでしょうか?主治医は無い、と言っていたので。

宜しくお願い致します。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

まず心臓の状態ですが、これは診察、検査した主治医にしか分かりません。しかし、心臓病の子の手術ができないということはありません。リスクが高くなることは確実ですが。これは、大学病院でしっかり調べ、その検査結果を受け、大学の担当医と飼い主様とのあいだでよく相談して、麻酔をかけるかどうか決めることになります。

そして、変形性脊椎症ですが、通常はそれだけで症状がでることはないので、おそらく症状があるとしたら、背骨の間から神経が出ているのですが、その部分を圧迫しているなどの付随した病変があると考えられます。これに関しては、MRIやCTの検査を進めると、手術で改善が見込めるものなのかどうかが判明すると思います。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございました。MRI検査の件を主治医と相談してみます。

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
MRIは地域によっては大学病院だけでなく、二次診療センターなどでもできます。しかし、心臓病との兼ね合いもありますので、どこで検査をしてもらうか、主治医とご相談ください。

犬 についての関連する質問