JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

ヨーキーメス13才です。現在心臓の病気でアピナック12.5を1日1錠、デオドール1日1錠服用しています。今年の夏あた

質問者の質問

ヨーキーメス13才です。現在心臓の病気でアピナック12.5を1日1錠、デオドール1日1錠服用しています。今年の夏あたりから痙攣を起こすようになりました。首をそねらせて、叫ぶような声をあげます。その時の舌は紫色です。脱糞、失禁も起きます。最近前足が湾曲に曲がったように立っています。痙攣の原因は心臓からのものでしょうか?最近毎日痙攣を起こしているので何か対処法はないでしょうか?宜しくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

心 臓が悪いのは、僧帽弁閉鎖不全症でしょうか?あるいは心内膜炎でしょうか?ほかにも心臓病はありますが、後者のほうだと、口の中に歯石がたまり、歯周病が進行していくと、心臓の内側、つまり、血液と接している部分に、細菌などの塊ができることがあります。これが、運悪くストレートに脳に流れ着けば、その部分に化膿性の炎症を起こしたり、梗塞(血が流れずに、細胞が死滅すること)などを起こし、それが痙攣の原因になる可能性はあります。また、高齢ですので、心臓とは無関係に脳の炎症、腫瘍などで痙攣が起きます。どちらかというと、この可能性が高いのではないかと推測されます。このような状態を検査するにはMRIがもっとも適していますが、全身麻酔が必要で、心臓病の悪さにもよりますが、一般的には、その検査を受けることは厳しいように感じます。よって、その痙攣を抑えるような、てんかんを抑えるお薬や、炎症を抑えるお薬などを用いることで、対症療法を行うことが考えられます。

前足が曲がっているのが、骨格が曲がっているのだとすれば、関節炎など、神経的に曲がっているのだとすると、脳やそれに続く脊髄の異常があると思います。

専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
少し違った意見書かせていただきます。
ただし、これは一般的な話ですので、かならず質問者さんのワンちゃんがそうとは言い切れませんので、その点はご了承ください。

僕は心臓から来る発作だと思います。
症状は心臓から来る発作でかなり一般的に見られます。
急に鳴いて首をグーッと後ろに曲げる。舌の色が紫になる(これはチアノーゼといって体の中の酸欠を示唆します)。あとは前足をピンと伸ばすことも多いです。

足が湾曲したように立っているというのはおそらく心臓とは関係ないので、別に老齢性の関節炎があるか、神経的な異常があるのかだと思います。

確かに頭のMRIをとるのは鑑別診断としてかなりの助け になりますが、僕の意見としては心臓の検査をしっかりして、薬を追加することが必要だと思います。

恐らく僧帽弁閉鎖不全症(小型犬の高齢の子でかなり一般的な心臓病です)だと思いますが、現在使われているお薬は咳や運動不耐性といった初期の症状が出ている子によく使うお薬です。
もし心臓の状態がかなり悪ければ(症状と聴診と心エコー検査で判断することが多いです)、強心薬(何種類かあります)や血管拡張薬などを使う必要が出ることがあります。
恐らくは今の状態では必要でしょう。

ですので、僕の意見としてはまずは心臓の検査をしっかりしてもらう(もし心エコーなどの施設がないのであれば、紹介あるいは転院された方がいいかもしれません)ことが第一だと思います。
症状から心臓性の発作を一番に疑います。

犬 についての関連する質問