JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
wantaroに今すぐ質問する
wantaro
wantaro, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 5327
経験:  小動物臨床10年
61996574
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
wantaroがオンラインで質問受付中

以前回答をいただいたので、早速MRIおよび3DCTの検査を受け、やはり鼻腔腫瘍という診断がつきました。検査の結果は、

解決済みの質問:

以前回答をいただいたので、早速MRIおよび3DCTの検査を受け、やはり鼻腔腫瘍という診断がつきました。検査の結果は、右側に腫瘍があり、増殖し、周りの骨を溶かして いる状態で右目は腫瘍のため、出目になってしまいました。診断結果では、左側には、骨に浸潤が見られないため、左目の視力は最後まで大丈夫であろうとのことでしたが、数日前から、左目の上まぶたのうえにたんこぶのようなものができ、今朝から、血涙、出血性の膿が左目からでてきてしまいました。左側にも既に腫瘍が増殖しているということでしょうか
この先どのような症状が出てくるのでしょうか?積極的治療はしておりません。(放射線・化学療法)痛みだけは取り除いてやりたいと思っておりますので、良いアドバイスをお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  wantaro 返答済み 5 年 前.
はじめまして、 今後の症状として考えられるのは疼痛により食餌不振、呼吸困難、貧血、二次的な感染、鼻からの膿汁による誤嚥、腫瘍が原因により出血が止まらない、脳で腫瘍が悪さをすれば発作や異常行動、運動失調などを起こす可能性があります。
出血や膿がありますので対症療法としては
①抗生剤により感染が酷くな ることを防ぐ。
②ステロイドで腫瘍が原因で起こしている炎症を抑える。(腫瘍は小さくなりません。)
③麻薬性の痛み止めを使用することくらいでしょう。人用の鎮痛剤でパッチ形式で皮膚に張ると痛み止めが染み出て鎮痛効果を示すものがあります。これは麻薬なので扱える動物病院が限られています。担当医と相談してください。
余命に関してですが 個人的な経験と文面から推測するに 脳に転移浸潤しているのであればおそらく2週間から4週間程度ではないでしょうか ご参考までに
wantaroをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問