JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

11 15cm

解決済みの質問:

11歳、メスの柴犬ですが、左の乳房の所とその周辺(縦に15cm程度) に柔らかく、しこり状ではないぐりぐりしたもの(乳房はふっくらしている感じで、その周辺は血管が太くなったような感じです)ができています。発見したのは1週間ほど前で、昨日病院にも行きましたが、しこり状ではない、患部に熱も無いし、痛がりもしない、食欲、水の飲み方に異常が無い、乳頭からの分泌液が絞り出すと出ていましたが膿みたいなものでもなく特に異常なし、2,3カ月前の生理の影響かなという診断結果でした。ただ、熱をおびたり、しこり状などに変化しないともいえないので注意しながらの経過観察ということでした。元気ながいということもありませんが、セカンドオピニオンをお伺いしたくて質問させて頂きました。宜しくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

 実際に視診・触診できないので、断定できませんが、頂いた情報から推測するとかかりつけの先生と同じ意見です。

 発情出血の後、2ヶ月前後に偽妊娠の一症状として乳腺の発達が見られることがよくあります。乳腺が発達するために血管が太くなっているのかもしれません。
 メス犬は発情後 交配・妊娠をしていなくても 妊娠した時と同様に妊娠維持ホルモンや乳腺発達ホルモンが分泌されるので偽妊娠になりやすいのです。
 この時期に乳房を清潔にしておかないと細菌が乳頭から入り込んで乳腺炎になりやすくなります。症状は乳房が硬くなり、発熱し、ときに膿様の分泌物が出ます。
 乳腺腫瘍の場合、炎症性乳癌など特殊なタイプのモノでなければ、発熱することはほとんど無く、多くが初期は乳頭の脇に固いシコリとして出来ます。
 乳房が固くなったり、熱を持ったりするようであれば細胞診等の検査をしてもらったほうがいいです。

 乳腺とは別ですが、発情後2~3ヶ月の頃が子宮蓄膿症の発症しやすい時期です。食欲・元気、飲水量の増加、尿量の増加などに注意しておいてください。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問