JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

11 6

解決済みの質問:

11歳のゴールデンレトリバー(雌)を飼っておりますが、今年6月に子宮蓄膿症になり高齢を押 して手術した結果、一旦元気で活発になりました。しかし今度はお盆頃より下痢、嘔吐を繰り返す様になり、獣医の診断では「原因不明(超音波検査でも分からない)だが腹膜炎を起こし腹水も溜まっている」との事。また更に胸部レントゲンを撮った所右肺が真っ白で「腫瘍かしこりか不明だが、機能していない」と言われ、途方に暮れています。食欲も無くなりつつあり息遣いも徐々に荒くなって来ていますが、少しでも苦しませずに残りの日々を過ごさせたいと思っております。この様な状況下で何か(特に食欲を出させたい)アドバイスを頂ければと思います。

川崎市在住者
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

 右腹部にも腫瘤があるのですか?細胞診検査は右肺でなく その腫瘤を検査しているのでしょうか?いずれにしても、細胞診の結果が出てから治療方針を決定するので、ここでは具体的な治療方法は避けさせて頂きます。

 犬種と年齢から腫瘍をまず先に疑います。他に肺炎や肺栓塞、胸水などがあります。腹水は腸穿孔などによる感染性や右心不全、肝不全、癌性腹膜炎などが原因となります。
 6月の子宮蓄膿症の因果関係は日数的に低いと思います。

 現状では、この子にとって一番辛いのは呼吸がしにくいことだと思います。十分に酸素を取り込めないと 疲れやすく食餌をするのも嫌になってしまいます。
 かかりつけの先生の所でレンタルの酸素ボンベがあるようなら、それを利用するといいと思います。レンタルが無い場合でも、レンタルしてくれる業者を紹介してくれるかもしれませんので、先生に相談してみてはいかがでしょうか。
 あと、自宅ではスポーツ店等で販売されている酸素のスプレー缶を用意しておいて損はないでしょう。呼吸がつらそうな時に吸わせると少しは緩和されると思いま す。吸わせる時、直接スプレーから与えると、音や出てくる勢いなどにビックリして嫌がることがあるので、一度ビニール袋等に酸素ガスを入れてからゆっくり 与えるといいでしょう。また、酸素テントが用意できると、さらにいいでしょう。

 発熱も怠くさせる原因になりますから、先生に鎮痛消炎剤を処方してもらったほうがいいでしょう。鎮痛消炎剤は体温を下げすぎる事はめったに無く、もし 痛みもある場合 一緒に緩和してくれるかもしれません。
 環境は人が快適程度の温度にしてください。温度を下げすぎると、体力が低下している子は寒くなっても 暖かいところに移動しにくいため、低体温になりやすいです。
 明らかに高体温で早く冷やすときは、腋下(脇の下)や鼠径部(内腿の付け根)にアイスノンをあててあげてください。

 食欲を出すために、食餌を人肌位に温めたり、ネギ類やニンニクなどを使っていないスープの素を薄めて霧吹きで振り掛けてニオイ付けをするなど工夫をしてもいいでしょう。
 また、病気の子用の高カロリーの食餌(ヒルズのa/dやロイヤルカナンの退院サポートなど)を利用するのも一つの方法です。この食事は動物病院で売っています。少量でも多くのカロリーが摂取出来るので利用価値はあると思います。
他に薬物を使っての食欲増進させる方法もあるので、掛かり付け医に相談してみてください。

 細胞診の検査結果が出ましたら、その子にとってベストな治療を かかりつけの先生と相談して選んであげて下さい。クォリティー・オブ・ライフ(生命の質)の向上した生活を送れることを祈っています。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問