JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

1500

解決済みの質問:

症状:胸に水が溜まり肺を圧迫、呼吸困難になり1度1500mlの水をわき腹から抜きました。抜いた水を病理検査結果、有核細胞数3,000/μl以下、沈渣塗抹標本中には血小板を含まない多量の血液成分を背景に、少数~中等数の中皮細胞、及びマクロファージを中心とした白血球系の細胞が採取されている。中皮細胞が散在して、それ に細胞異型性が認められましたが悪性腫瘍と判断されませんでした。レントゲンを見ても外傷や腫瘍が分かりませんでした。薬は炎症防止剤、化膿止め、利尿剤を服用。食欲ですが、食欲がないのか解りませんが一度与えたものは餌をクンクンしますが食べません。量もおやつ程度です。体重の推移9/714.3kg⇒水を抜き後12.7kg、4日後(9/11)体重13.38kg、3日後(9/14)13.8kg、2日後(9/16)13.6kgとなり胸水の溜まり方が減ったと予想しています。ただ現状原因が特定出来ないこと、食べないことの2つで困っています。助けてください。犬にはセカンドオピニオン制度は無いのでしょうか?よろしくお願いいたします
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

胸水のタンパク質(総タンパク質とアルブミン)量と比重が分かるともう少し詳しい事が言えるのですが、まだ除外できていない原因としては 心疾患と肝不全などによる低アルブミン血症があります。
血液検査と心臓の超音波エコー検査を行なった方がいいでしょう。
炎症防止剤の種類によっては肝臓に負担をかけるモノがありますので血液検査によって肝臓を評価するべきです。
胸水の量が減ってきているのは 利尿剤が効いているからと思います。

胸水が貯まると呼吸が辛く食欲が低下します。また、仮に心疾患や肝疾患だったとしても疲れやすく、怠さが出るので食欲が低下します。早めに原因をつきとめたいところです。

それまでは食餌を人肌位に温めたり、ネギ類やニンニクなどを使っていないスープの素を薄めて霧吹きで振り掛けてニオイ付けをするなど工夫をしてもいいでしょう。
また、病気の子用の高カロリーの食餌を利用するのも一つの方法です。この食事は動物病院で売っています。少量でも多くのカロリーが摂取出来るので利用価値はあると思います。
他に薬物を使っての食欲増進させる方法もあるので、掛かり付け医に相談してみてください。

セカンドオピニオンを希望するときは掛かり付け医に相談しておいたほうがいいです。担当医によっては、治療経過などの資料をくれる場合があります。
また、大学病院の受診を希望するのもいいかもしれません。その場合掛かり付け医の紹介状が必要になりますので、相談してみてください。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問