JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

10

質問者の質問

はじめまして。
10才オス(ミックス)です2年前前立腺摘出手術しました。
2年ほど前から排便困難時悲鳴を上げます。時には自力で大便をすることがでなくなり、
病院に行き便を取り出している状態です。
友人はお灸が良いとか言いますが、患部又はツボが有る のでしょうか。効くのでしょうか。
普段おとなしい犬ですが、いやな事に対しては噛みつきます。
病院も3軒目です。【肛門周囲腺腫】と言われました。ネットでは【肛門痙攣】に、排便時疼痛・悲鳴…
と記載されてます。【肛門のう炎】にも疼痛と記載があります。
かわいそうだし、友人には責められるし大変です。
何か方法をお聞かせ下さい。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 6 年 前.
こんにちは。
まず便は細くなったりしていませんか?
肛門の横がはれたりしていませんか?
肛門周囲腺腫といわれたとのことですが、肛門の横に出来物があったりするんでしょうか?
私は症状からみ ると、会陰ヘルニアという病気ではないかと思います。
結構これを診断できない先生は多いみたいですし。

会陰ヘルニアは、肛門付近の筋肉がさけて、便が本来のまっすぐの出口から出ず、直腸が曲がって便が
横にたまってしまう病気で、便がうまく出せなかったり、細くなったりします。
これはもちろんお灸などでは治りません。手術でさけた筋肉を治さなければいけません。

ちょっと大きな病院でちゃんと直腸内に指を入れて確認してもらったほうがよいでしょうね。
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験: 動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.
早速ありがとうございました。
排便困難時の悲鳴時の便の太さは普通の状態が多いです。たまに細く柔らかい便もします。
悲鳴を上げるときは、太くても、細くても柔らかくても苦しそうです。
直腸の手術もしてみたり、内視鏡もしました。結果は何もなく出口の炎症と言うことでした。
薬も貰って服用させてます。泣く時と泣かない時とむらがあります。
質問者: 返答済み 6 年 前.
早速ありがとうございました。
排便困難時の悲鳴時の便の太さは普通の状態が多いです。たまに細く柔らかい便もします。
悲鳴を上げるときは、太くても、細くても柔らかくても苦しそうです。
直腸の手術もしてみたり、内視鏡もしました。結果は何もなく出口の炎症と言うことでした。
薬も貰って服用させてます。泣く時と泣かない時とむらがあります。



専門家:  loverai0210 返答済み 6 年 前.
直腸の手術とはどのような手術をされたんでしょうか?
痛み止めは使っていますか?
肛門周囲腺腫であれば、肛門の皮膚の腫瘍をとらなければなりませんが、
そのような腫瘍は見た目でありますか?
専門家:  wantaro 返答済み 6 年 前.

はじめまして、3件も動物病院を回って原因が不明の排便痛と排便困難ということですね。

 

私が思いつくところとしては直腸に何かしらのポリープができている可能性を一つ考えます。

内視鏡での直腸検査をすると指が届かない部分も確認できると思います。

 

他には排尿時に尿が漏れる、排尿時に痛みがある。尾を上げない。腰の後ろの方を触ったり

押したりすると痛がる様子、歩行時に後肢がふらつく事はないでしょうか?

腰の椎間板ヘルニアなどによって脊髄が障害されて排便困難や痛みを伴う場合もあります。これは稀な例なので2次診療の大学病院などで検査してもらう事をお勧めします。

 

診断には神経学的検査やレントゲン検査、身体検査、直腸検査、MRI検査、CT検査などが必要です。

 

ご参考までに

専門家:  wantaro 返答済み 6 年 前.

はじめまして、3件も動物病院を回って原因が不明の排便痛と排便困難ということですね。

 

私が思いつくところとしては直腸に何かしらのポリープができている可能性を一つ考えます。

内視鏡での直腸検査をすると指が届かない部分も確認できると思います。

 

他には排尿時に尿が漏れる、排尿時に痛みがある。尾を上げない。腰の後ろの方を触ったり

押したりすると痛がる様子、歩行時に後肢がふらつく事はないでしょうか?

腰の椎間板ヘルニアなどによって脊髄が障害されて排便困難や痛みを伴う場合もあります。これは稀な例なので2次診療の大学病院などで検査してもらう事をお勧めします。

 

診断には神経学的検査やレントゲン検査、身体検査、直腸検査、MRI検査、CT検査などが必要です。

 

ご参考までに

専門家:  wantaro 返答済み 6 年 前.

はじめまして、3件も動物病院を回って原因が不明の排便痛と排便困難ということですね。

 

私が思いつくところとしては直腸に何かしらのポリープができている可能性を一つ考えます。

内視鏡での直腸検査をすると指が届かない部分も確認できると思います。

 

他には排尿時に尿が漏れる、排尿時に痛みがある。尾を上げない。腰の後ろの方を触ったり

押したりすると痛がる様子、歩行時に後肢がふらつく事はないでしょうか?

腰の椎間板ヘルニアなどによって脊髄が障害されて排便困難や痛みを伴う場合もあります。これは稀な例なので2次診療の大学病院などで検査してもらう事をお勧めします。

 

診断には神経学的検査やレントゲン検査、身体検査、直腸検査、MRI検査、CT検査などが必要です。

 

ご参考までに

専門家:  wantaro 返答済み 6 年 前.

はじめまして、3件も動物病院を回って原因が不明の排便痛と排便困難ということですね。

 

私が思いつくところとしては直腸に何かしらのポリープができている可能性を一つ考えます。

内視鏡での直腸検査をすると指が届かない部分も確認できると思います。

 

他には排尿時に尿が漏れる、排尿時に痛みがある。尾を上げない。腰の後ろの方を触ったり

押したりすると痛がる様子、歩行時に後肢がふらつく事はないでしょうか?

腰の椎間板ヘルニアなどによって脊髄が障害されて排便困難や痛みを伴う場合もあります。これは稀な例なので2次診療の大学病院などで検査してもらう事をお勧めします。

 

診断には神経学的検査やレントゲン検査、身体検査、直腸検査、MRI検査、CT検査などが必要です。

 

ご参考までに

犬 についての関連する質問