JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

2 8

解決済みの質問:

2歳8か月のオスのフレンチブルです。この種の犬は散歩はあまりしなくて良いといわれるのですが、
散歩大好き犬で朝夕散歩に出ます。勿論暑い時間は避けて、早朝夕暮れです。犬のことですから、草むらがあるとウロウロ入って臭いを嗅いだり、マーキングします。散歩の後には手足お腹を洗ってやるのですが、最近両手足、お腹に 毛が抜けた部分が目立つようになりました。そんなに痒そうでは無く、痒みが強い時は舐めても大丈夫と言う薬を塗っています。毛が抜けた部分は少し赤くなっていたり、毛の根元に黒いザラついたものが付いていたりします。かかりつけの獣医さんは、これくらいなら心配要らないとのこと。ここ1週間位で随分増えました。散歩を止めれば良いのでしょうが、散歩好きはこの犬の個性と思い負担にならない程度を続けてやりたいと思っています。
薬(余り使いたくないですが)等で予防出来ますか?
餌は生まれた時からブラックウッドです。
良い解決法をお願致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

フレンチブルは最近の人気上昇とともにアレルギー性皮膚炎を起こしやすい犬種のランキングで常に上位に入っています。

ご質問者様のコメントから、アレルギー性皮膚炎を起こしている可能性が高いと思います。

かゆがる状態があまりひどくなかったり、局所に限局している場合は外用薬や薬用シャンプーでの対処でいいと思いますが、毛が抜けてくる範囲が広がったり、皮膚の赤みやただれ、ジュクジュクなどが出てくるようであれば内服薬を使用したほうがいいと思います。

 

ただし、皮膚病にはアレルギー性の他、感染症や寄生虫、ホルモン疾患などが原因になっていたり、いくつかの原因が重なっていることもありますので、皮膚検査や一般血液生化学検査、アレルギー検査(血液検査、皮内反応検査など)を受けたのちに治療を開始するのが一般的です。

 

感染症が存在していると、多くは皮膚のべたつき、匂い、フケ、痂疲などが多くなります。これらは何が感染いているかによって治療薬が異なります。皮膚掻把検査などで診断が出ます。

 

アレルギーが関与している場合はアレルギー検査をしてから原因物質を除去する努力を行うこともありますが、症状がひどくなければ必ずしも検査をするわけではありません。

例えば一般的な低アレルギー食への切り替えや、薬用シャンプーの使用、散歩はOKでも草むらは避ける、抗ヒスタミン剤の使用、ステロイドの使用、脂肪酸などのサプリメントの使用、免疫調整サプリメントの使用、インターフェロン注射療法などがあります。

それぞれに一長一短がありますので、アレルギーの程度によって主治医の先生とどんな治療が必要かをよく話し合ってみるといいと思います。

 

残念ながらアレルギー性皮膚炎であった場合は、生涯付き合っていかなければいけない病気です。また、年々症状がひどくなる傾向にありますので、合う治療法を見つけてあげることが大切になります。

kikurageをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問