JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Pinapple109に今すぐ質問する
Pinapple109
Pinapple109, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 48
経験:  臨床獣医師
61112888
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Pinapple109がオンラインで質問受付中

先ほどの腰を痛めたダックスです。 ご意見ありがとうございました。日常生活 気をつけてみます。 これは 病

解決済みの質問:

先ほどの腰を痛めたダックスです。

ご意見ありがとうございました。日常生活 気をつけてみます。

これは 病院によるとおもいますが 痛み止めでも 内服液 としか表示していなくて効能が記載してありません。

また おしりの赤 みも時々でます これも 獣医さんにより 抗生物質の量や 診断法はかなりちがいますか?

通院しているところでは 通常2 3週間 だといわれ 恐ろしくなりました。

もし 今後 納得がいかない 薬なら 塗り薬でお願いしたりとか しても いいものなのでしょうか?
    
また薬の表示も お願いしてみてもいいものか? 

いかがなものでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  Pinapple109 返答済み 6 年 前.

 不安に思うようであれば、獣医師に聞いてみるといいと思います。

 不安に思いながらの治療はつらいと思いますし、普通であればわかりやすくどのような内服か説明してもらえます。 椎間板疾患ではぶりかえしもありますので、長期の服用が必要になることが多いのも事実です

 おしりの赤みは診察しないとわかりませんが、汗腺の多いところなのでむれてしまい細菌感染がおこったり、肛門腺がたまっていると気になってこすってしまう場合もあります。

 

 抗生剤の量はどの獣医さんでもだいたい一緒ですが、種類や使うかどうかに関しては判断が分かれる場合もあります。ただ、かなり広範囲だったり痒みや赤みがひどい場合は内服のほうが治りが早くいのも事実です。

Pinapple109をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問