JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
shiratama_ahに今すぐ質問する
shiratama_ah
shiratama_ah, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 34
経験:  勤務医として副院長を務めた後、都内で往診専門の動物病院を開院いたしました。
61738303
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
shiratama_ahがオンラインで質問受付中

昨夜私の犬(マレーマシープドッグ)が急に激しい痙攣を起こしました。 大体5秒ぐらいだったと思いますが、心臓発作でも

解決済みの質問:

昨夜私の犬(マレーマシープドッグ)が急に激しい痙攣を起こしました。
大体5秒ぐらいだったと思いますが、心臓発作でもなったんじゃないかと一瞬ビックリしました。
痙攣が治まった後、私の犬もビックリしたようですぐ立ち上がりました が、右の前足が麻痺をおこしてるのか、
宙に浮かしてる感じで、その後伏せをしていたのですが私が右前の足を触ると嫌がり隠そうとします。

考えられる原因の一つは:
1ヶ月前に私の甥〔5歳〕がソファーから落ち、私の犬の上に落っこちたそうです。
すごい声を出して泣いたので私の兄が飛んで見に行ったのですが、誰も目撃をしておらずどの部分に落ちたのか
分かりませんでしたが、どこかが痛いらしく、息が激しいのと足を引きずって歩いてました。
いろいろ触っても反応を見せず、何処が痛いのか全然分かりませんでした。
3日後に母が近所に散歩に連れて行ったら、150m ぐらい歩いたところで腰が抜けた状態になりビックリして
引き返したようですが、帰る途中でもまた腰に力が入らなくなったそうです。
その為3日後に獣医に連れて行きました。
医者もいろいろ触りましたが反応を見せなかった為、一様1週間分の痛み止め(強め)をもらい症状が悪化または、
治らなければレントゲンを取る事を勧められました。
痛み止めをあげても足の引きずり方はあまり違いが無かったのですが、1,2週間後には少し回復したようにも見えたのでその後獣医に見てもらっておりません。

考えられる2つめの原因:
3、4日前に母が間違えてたまねぎの入った料理をご飯の中に混ぜてあげました。
母は、もう3,4日も前の事だから痙攣症状を起こすぎは時間が経っていると言っています。

考えられる3つ目の原因:
昨日の午後に紹興酒に浸けてあったササミを2本あげたそうです。


以上の原因が思いつくのですが、獣医に連れて行ったほうがいいでしょうかそれとも
様子を見た方がいいでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  shiratama_ah 返答済み 5 年 前.
まず子供さんが上に落ちた件ですが、一ヶ月前のことなので症状自体が今になって出てくる可能性は低いと思われます。
ただ、治療の過程で痛み止めや炎症止めで改善していることから、もしかすると関節の問題や神経の問題があるかもしれません。
首や腰の神経を損傷していれば、通常普通にしているときも麻痺やびっこなどがでますが、これからも症状がでるのであれば、レントゲンやCTやMRIな どの画像診断が必要になります。

たまねぎに関しては、食べさせてからしばらくして症状がでる場合もあります。
ただ、直接の作用としては血液の赤血球を壊してしまうという作用なので、
症状がでるとすると貧血で動きづらくなったり呼吸が荒くなったり血尿がでるなどの症状がでます。
痙攣は直接的には関係ないかもしれません。

また昨日のささみに関してはアルコール中毒を起こした可能性もあります。アルコール中毒の場合は、酔ったような症状やひどいと昏睡状態になります。
ただ、おそらく身体の大きい子なのでアルコール中毒になる量とは思います。

痙攣を起こす原因としては、年齢が若いのであれば先天的なてんかんから来ているのかもしれませんし、高齢であれば脳の腫瘍などが考えられます。
また、肝臓や腎臓などの内臓の問題でも痙攣をおこすことがあります。

直接診察していないので、確定的なことは言えないのですが、もし前の脚がまだ痛がったり挙上したりする症状があるのであれば、一度動物病院へ連れていって診てもらうのがいいと思います。
その際に血液検査で内臓の問題がないかをみてもらったり、必要であれば脚や背骨などのレントゲンを撮ってもらって、ある程度原因を追求するとよいでしょう。
shiratama_ahをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問