JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

APTT

解決済みの質問:

回答ありがとうございました。専門用語で解らないのですが、大腿骨部皮下および内腸骨リンパ節とAPTT軽度延長とは、どう言うことですか?まったく解りません?
転移が肺に及ぶとのことですが、このままでは、近い内にそうなると云うことですか?覚悟はしなくてはならないとは思いますが、最善を尽くしたいと思っています。
何か出来る事は、ありますか?サプリのことは、明日、聞いてみます。(以前ネットで、花びらたけの漢方とネックレスを取り寄せました。)そのようなもので、進行を遅らせることが、出来るのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

 大腿骨部皮下というのは大腿部の皮膚の下のことですが、皮下と表現する場合、皮膚と筋肉の間の粗性結合組織の層(皮膚を引っ張ってピローンと伸びるのはこの層があるからです)の事を表しています。皮下注射はこの層に薬剤を注入します。

 内腸骨リンパ節は 腸骨(骨盤を構成する骨の一つ 人で言うと、ウエストのベルトが引っかかる骨)の腹腔側にあるリンパ節のことです。前立腺や膀胱などに感染などの障害が生じると腫大することがあります。

 血液が固まる過程でいくつかの因子を経て起こります。APTTとは その血液凝固反応に要する時間のようなものです。
 APTTが延長するということは 出血しても血が止まりにくいということです。手術にあたって血が止まらない事は大変なことなのです。
 また、悪性腫瘍や全身性感染症などが進行すると播種性血管内凝固(DIC)という状態になることがあります。これは、全身のあっちこっちの血管内で凝固が生じ、凝固因子が枯渇してしまい凝固不全になってしまうことで、重篤な症状になります。これの確認のためにもAPTTを測定します。

 ネコでの組織球系腫瘍の挙動はデータが少ないので詳しいことはわかりませんが、犬と同様の挙動を取るとすると、全身どこにでも転移する可能性がありますが 一番多い転移先は肺といわれています。

 近年ペット用のサプリメントが増えて、どれがいいか迷うところです。今まで腫瘍患者用のサプリメントで使用したことがあり、QOLの向上に役立ったように感じたものはD-フラクションというシロップ状のものです。ほかのものは使用経験があまりないので、どうかはわかりません。
 ただし、サプリメントは治療薬ではなく栄養補助食品のよなものです。体質を向上し病気に対して抵抗力を高めるようにするものなので、どうしても限界があります。

 食事は低炭水化物を基本として良質のタンパク質と少し脂肪分の多い物がいいです。脂肪分もできればDHAなどのΩ3脂肪酸が多く含まれるものです。例えばマグロのトロが代表例です。猫でしたら、一日に中トロ1~2切れでも十分と言われています。この脂肪酸は加熱してもあまり変性しないので電子レンジ等で加熱してもいいですし、安全なら生でもいいです。ただし与えすぎはよくありません。特に赤身の魚は黄色脂肪症になりやすくなります。
 腫瘍細胞はとても炭水化物が好きで、Ω3脂肪酸は腫瘍細胞が栄養に出来ない栄養素なのです。処方食ではヒルズのa/dなどが利用できます。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問