JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

既往症前立腺肥大の20年才の雄の老犬ですが、3日ほど前より睾丸が倍以上に腫れ膨らんでおります。 現在、バイトリル錠・

質問者の質問

既往症前立腺肥大の20年才の雄の老犬ですが、3日ほど前より睾丸が倍以上に腫れ膨らんでおります。 現在、バイトリル錠・オーグメンチン錠の投薬治療ですが、まだ効果なく改善されておりません。 尿量は以前の3分の1くらいです。 疾患名・治療法のアドバイスを、よろしくお願い致します。ロビン
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

前立腺が腫大するのは去勢手術をしていない雄犬で多いですが、大きくなっている原因が良性肥大なら、ホルモン剤の投与で縮小させることができるはずです。もちろん、精巣摘出手術をすれば、根本的な解決になります。しかし、20歳という超老齢犬に手術するには主治医の慎重な判断が必要になるでしょう。また、腫れているのが膿 などの液体が原因であれば、縮小するのに時間がかかりますし、外科的な処置をしなければ、縮小しないかもしれません。また、抗生物質が効くかどうかの検査は前立腺に針を刺して、そこから得たばい菌を増やすなどの操作が必要で、いまのロビンちゃんに行える処置かどうか、部外者には分かりません。もう1つ前立腺癌があります。この場合は今の状態では治療方法はないといっていいでしょう。いずれも超音波検査である程度の推測はできると思います。通常の犬の前立腺肥大は外側へ腫れることが多(人では内側に腫れるようです)く、そのため尿は出るが、便は出ないようになります。それが、今回は尿が出にくいということですので、良性の可能性は低く、抗生物質が効かないようであれば、残念ながら前立腺癌の可能性が高いような気がします。前立腺癌は背骨に転移することが多く、後肢のもたつきや、背中を触れると痛がるなどの症状が多いです。おっしゃるように、老化現象かもしれませんし、また、関節炎を併発しているのかもしれません。

抗生物質投与中にもかかわらず、精巣が腫れているのはおそらく精巣の腫瘍だと思われます。手術で摘出できればいいのですが。

尿が少ないのが、膀胱にはたまっているが、前立腺の腫れのために通りが悪く、あまり出ないのか、腎臓が悪く、尿 量自体が少ないのか、これは、血液検査、腹部X線撮影検査をすると分かると思います。もし腎臓が悪い場合は点滴を継続する必要があり、根本的には治りませんので、覚悟が必要です。そして、いま腫れている精巣やひょっとして背骨に転移している前立腺癌の痛みをとってあげたいと思いますが、腎臓が悪い場合は、消炎鎮痛剤の使用に慎重にならざるを得ません。検査結果によっては、治療方法はなく、非常に厳しい結果となるかもしれません。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

 

yasuyuki 先生 

 

明確かつ詳細なご回答をくださり

ありがとうございました。

 

掛かりつけ医師のおぼろげな診断治療が、

依り明確に理解把握できました。

 

フュード項目ページに記載しましたが・・・

小生のPC不慣れな作業から送信出来ませんでした。

 

遅ればせながら 感謝御礼申し上げます。

 

                  ロビン

 

 

 

専門家:  yasuyuki 返答済み 5 年 前.
診療、治療経過などでまたご相談などあれば、再度ご質問ください。どうぞ、おだいじになさってください。

犬 についての関連する質問