JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

はじめまして、ヨークシャテリア、10才、オス、体重2.0kgの病気相談です。よろしくお願い致します。診断

質問者の質問

はじめまして、ヨークシャテリア、10才、オス、体重2.0kgの病気相談です。よろしくお願い致します。 診断結果)2週間ほど前から嘔吐があり、様子を見ていたのですが、食後数時間経つと     戻すので、病院で診て頂きました。     血液検査、レントゲン、エコーを行いました。     血液検査結果 GOT/AST:908、GPT/ALT:1000以上、            ALP:1179でした。          血液検査の結果より、肝臓が悪いという事で、レントゲン、エコーをしましたが、     胃に食べ物が残っていて、どこが悪いか特定できないとの事。 ご相談内容)上記のような結果で、手術をしないとはっきりした原因が掴めないと言われま       した。突然手術と言われても決断できず、手術しないと治らないのですか?と      質問しましたら、おそらく薬を飲ませて治ると言われました。      その後、1週間様子を見たのですが、やはり食後半日位で嘔吐します。      現在は、なんとなく元気がなく、食欲もありません。      今までドッグフード、白菜、キャベツ以外は与えたことがなく、また今まで      病気にかかった事は一度もありませんでした。       上記の状態で、やはり手術をしないといけないのでしょうか?      手術をしなくても、完治できる方法等ございましたら、アドバイスお願い      致します。      長文となり、申し訳ありません。     何卒よろしくお願い申し上げます。 以上
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  Pinapple109 返答済み 6 年 前.

 肝酵素が上昇する原因はいろいろあります。 

 肝腫瘍や胆管性肝炎・肝挫傷などが良く見られる疾患だと思います。

 

 原因によっても異なりますが、治療法は肝腫瘍であれば手術適応か判定する必要があります。

 胆管性肝炎であれば抗生剤やステロイド、肝臓薬による内科療法が適応となります。 ただ、胆石や胆泥がたまっていて閉塞性黄疸がある場合は胆嚢切除などの手術適応となると思います。

 

 嘔吐物に胆汁は含まれているでしょうか?(緑色の嘔吐物です)

 

 胆嚢炎や胆管性肝炎でも、膵炎を併発する場合も多いとされています。

 嘔吐がある場合はとくに膵酵素測定が必須です。 膵炎の治療も同時に行うことにより回復することもあります。

 

 また、肝臓薬でも合わないと嘔吐する場合があり、その時は用量を減らすこともあります。 食後だいぶ経って嘔吐しているようなので、胃からの食物の通過障害も同時に起こっていると考えられます。

 

質問者: 返答済み 6 年 前.

早々のご回答、本当にありがとうござます。

 

>嘔吐物に胆汁は含まれているでしょうか?(緑色の嘔吐物です)

 

 ・上記につきましては、胆汁は含んでいないようです。

  (緑色の嘔吐物ではなく、どちらかというと、白っぽいです)

 

>胆石や胆泥がたまっていて閉塞性黄疸がある場合は胆嚢切除などの手術適応となると>思います。

 

 ・上記につきましては、再度エコーをとるしかないのでしょうか?

  初回の検査では、食べたものが残っており、エコーでは判断できないという

  説明を頂きました。

 

  正直、治療にはそれなりのお金もかかることなので、無駄(ではないかも知れま

  せんが)なこと、愛犬にとって辛い事は出来る限り避けたいと思っています。

  もちろん獣医ではないので、言われた事をお願いするしかないと思うのですが、

  知らないがゆえに、なんでもハイハイと言ってお願いするのも、どうかと思う気持ち

  があります。

 

  いずれにしましても、再度症状を伝え、獣医さんに診てもらうしかないでしょうか?

 

  ご教授よろしくお願い致します。

 

以上

 

 

 

専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
上記の回答にもある通り、まず手術をする目的がどんなものかをはっきりさせる必要があると思います 。

肝臓の数値(特にALTとAST)は相当高いものです。
これらは肝臓の細胞がダメージを受けた時にその細胞内から放出される物質で、何らかのダメージが肝臓にある状態を示唆します。
その割にALP(胆管系の数値)がそれほど高くないので、胆管系というよりは肝臓自体の以上の可能性の方が高いように思えます。

この数値であれば、どのような原因であれ、まずは肝臓のダメージを回復させるため、入院点滴をするのがいいのではないかと思います。
正直、嘔吐が続いている子へ内服薬を飲ませるのは、あまり意味がないと思います。

胃の中の食べ物は通常は半日もすれば通過してしまいますので、暴れる子でなければ肝臓のエコー検査は可能だと思います。

今の状態は重度の肝臓障害がおきており、その原因が何なのかは突き止める必要がありますが、まずはそのダメージを減らし、肝臓を保護するための点滴が必要だと思います。
もちろん手術をしないと治らない病気(肝臓腫瘍など)もありますが、手術しないで治る病気の方が数としては多いと思います。
今の肝臓のダメージが不可逆性(回復不可能)になる前にできるだけ早く治療をした方がいいと思います。

犬 についての関連する質問