JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

はじめまして、徳永と申します。我が家に今年で10歳になるシーズーがいますが今年2月に僧帽弁閉鎖不全症と診断されました

解決済みの質問:

はじめまして、 徳永と申します。我が家に今年で10歳になるシーズーがいますが今年2月に僧帽弁閉鎖不全症と診断されました。咳が出だしてから気づいたので発見が遅れてしまい、薬は毎日飲ませているもののだんだん症状がひどくなり、それでも食欲だけはあったのですが先週水曜に何も食べなかったので金曜に病院へ連れて行ったところ危険な状態とゆうことで酸素室へ入れて2日間入院させました。土曜の夕方安定しているとのことだったので連れて帰ってきましたが、全然食事をしてくれません。水は利尿剤を飲んでいるせいかよく飲みオシッコを大量にしています。帰ってきてからあれだけ出ていた咳が全くでなくなり、元気だったころのようにお腹を上にしてひっくり返って寝ています。食事をしないので痩せてしまい歩くのも脚がふらついています。これ以上の改善は望めないのでしょうか?いろいろサイトを見ているとサプリメントで改善したような記事もありますがどうなのでしょうか?どのようなケアをしてあげれば良いのかわかりません。明日からは仕事があり昼間みていてあげることができず、どのような環境にしてあげているのが良いでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

心臓の薬はさまざまな作用のさまざまな製剤があります。今の症状を主治医にお話しいただき、改善策がないかお聞きになってみてください。心臓病は投薬→経過観察→検査→投薬・・・の繰り返しです。体質改善のサプリメントもありますし、心臓に関するサプリメントもあります。いずれも獣医師に処方してもらったほうがいいでしょう。サイトの記事は個人レベルの例外かもしれませんので、参考程度に留め、主治医の指示をしっかり守りましょう。外部から口出しできることは少ないのですが、あとやってあげられる こととして、酸素ケージのレンタル業者があります。首都圏では利用できますが、お住まいの地域にもそのような業者がいないか、主治医にお尋ねください。また、節電が叫ばれていますが、クーラーは低めに設定しておいたほうがいいでしょう。息苦しくなると、喘ぎ、どうしても熱が高くなってきます。朝涼しいからといって、冷房をつけずにいると、急に温度が上がってしまうこともありますので、常に冷房をかけておいたほうがいいでしょう。つきっきりで介護できるかたはごくわずかです。できる範囲のことを精いっぱい、悔いのないようにしてあげるしかありません。

質問者: 返答済み 6 年 前.

お返事ありがとうございます。動物病院でも見てもらっているのですが、他の先生の意見も伺いたくこちらに相談してみました。サプリは主治医の先生に相談してみます。酸素ゲージのレンタルは探してみますが、田舎なのでおそらく無さそうです。飲む水の量など主治医の方からは制限等されていないのですが、いろいろ調べると1日に何ccと書かれていることがあります。一概には言えないとは思いますが飲みたがっていたら飲ませても良いでしょうか?

専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.
利尿剤を使っていると、飲水量は増えることがあります。かといって、飲水を制限してしまうと、必要以上に脱水してしまうこともあります。自由に飲水させてもらってOKでしょう。理論的には、たくさん飲めば、 体内に吸収されて、心臓への負担になりそうですが、これに関しては心臓病専門医でも論争が続いている事項だったと思います。水を飲み過ぎていわゆる「水っぱら」になって、本来の食餌を食べる余裕がなくなっている可能性もありますので、水分を同時に摂取できる心臓病用の療法食に缶詰タイプを使ってみてもいいでしょう。主治医にご相談していただければ取り寄せていただけると思います。水分を1日に体重1kgあたり100mL以上摂取する場合は何らかの異常があると思います。
yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問