JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

はじめましてこんにちは。 ボストンテリアですが、最初お腹に出来物がで始めて、今は背中まで広がりました。時間が経

解決済みの質問:

はじめましてこんにちは。

ボストンテリアですが、最初お腹に出来物がで始めて、今は背中まで広がりました。時間が経つと瘡蓋になって、剥がれます。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

頂いた情報の中での回答です。納得いくまで詳細を追加してご質問ください。文章の稚拙を含めメールでの正確な意思疎通は非常に困難といわれています。動物病院の受診をお勧めします。実際に診療にあたった主治医の診断に優るものではないと考えています。

 

おそらく膿皮症という細菌感染によるものでしょう。1歳以下の若い場合は成長とともに気にならない程度に自然に治ることが多いです。高齢なのであれば、全身の免疫が落ちるので、皮膚の上にふつうにいる細菌の力が相対的に強くなり、そのような症状がでます。免疫をあげるような体質改善のサプリメントを始めるといいかもしれません。

治療は抗生物質の投与を最低3週間続けます。こじれているなら、抗生物質を使う前にばい菌を培養して、有効な抗生物質を調べてから、投薬を始めます。抗生物質は血流にのって病変部まで運ばれますが、ほんとの皮膚表面には届きません。表面の細菌は抗菌作用のあるシャンプー剤でこまめに洗浄することが有効です。短毛種ですが、シャンプー後によく乾かさないと、雑菌の増殖を招き、なかなか治りません。タオルでよく乾かし、仕上げにドライヤーでしっかり乾燥させましょう。カビ、寄生虫、免疫異常、アトピーなどでも同様の症状が出ます。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問