JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 709
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

ブルドック・♂・1歳 標準体重以下についての質問です。 いつも呼吸が速いのが気になります。 室温や湿度の

質問者の質問

ブルドック・♂・1歳 標準体重以下についての質問です。 いつも呼吸が速いのが気になります。 室温や湿度の管理も出来ています。 ブルドックに多い、軟口蓋過長症、鼻腔拡張手術もしていて、軟口蓋の症状は改善されました。 ブルドック以外に小型犬1頭、猫2匹おり、よく遊んでいます。 遊んだりした後に、息が荒くクールダウンまでにとても長い時間がかかります。 その間、ずーっと呼吸が荒くハコハコと呼吸が早く荒くなっています。 病院の検査では気管支虚脱は見られませんでしたし。それらしい症状も一切ありません。 器官もブルドックにしては太い方だそうです。 軟口蓋や形成不全の遺伝的疾患を持っています。 軽い運動の後ではありますが、呼吸が早く…いつまでも早い状態が続くというのは、 どこかに疾患が潜んでいるのではと思っています。 その他にもう一点質問です。 形成不全を持っていますが、体重の増加が6ヶ月よりみられません。 平均し、一日1食です。 生後3ヶ月の頃には、ご飯の時には乱舞するように食欲大勢でした。 軟口蓋の症状と解釈していますが、餌のツッカリがみられその頃より食に対する欲が激減しました。 軟口蓋の手術後に食欲が戻ったと思っていましたが、やはり1日1食しか欲しがりません。

生後5ヶ月の頃に血液検査をしましたが、腎臓・肝臓などにも問題はありませんでした。

 呼吸の事との関連はあるかと思い、加えてご相談させていただきました。 よろしくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  yasuyuki 返答済み 6 年 前.

ブルドッグはその品種確立の過程で慢性呼吸困難というやっかいな問題も抱え込んでしまいました。吻の長い犬種に比べて呼吸がはやいのは当然ですが、その速さがどの程度なのかは、診察した獣医師でないと、解釈は難しいでしょう。呼吸器系の検査は定期的に行ってもらいましょ う。食餌はガツガツ食べると、誤嚥するリスクが増えると思いますので、ゆっくり食べてくれるなら、そのほうが、いいとポジティブに考えましょう。しかし、正常な体重がキープできないほど、食が細いなら、少量でもカロリーのとれるような特別な食餌を主治医に用意してもらうといいでしょう。軟口蓋はしばらくするとまた伸びてきます。具体的なご質問がありましたら、再度ご相談ください。

yasuyukiをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問