JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

ブルドック  女の子4歳 昨日まで元気でしたが 夜に鼻から鼻水(黄色っぽい)が出て朝には 鼻ずまりになり くるしそ

解決済みの質問:

ブルドック  女の子4歳 昨日まで元気でしたが 夜に鼻から鼻水(黄色っぽい)が出て朝には
鼻ずまりになり くるしそうでした 食欲はあるのに お鼻が詰まっていて 食べにくそうで いつもすごい食欲なのに 近くの獣医に連れて行きましたが 大丈夫と言って 黄色の抗生剤を くれました、見ていると風邪をひいた子供みたいですが なにかたいへんな病気ではないか とても
しんぱいです。体重は18キロで、太りすぎにさせた  わたくしがわるいのです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

 黄色い鼻汁が出ていることは、細菌感染が生じていると思われます。まず抗生剤の投与が必要です。
 抗生剤が効いてくると、まず鼻汁の色が薄くなり透明化してくるでしょう。ただ、鼻腔内感染は少々時間がかかることがあります。

 今の治療でなかなか改善しないようであれば、その細菌が使用している抗生剤に耐性を持っているかもしれないので抗生剤の種類の変更や場合によって細菌の種類の同定・抗生剤感受性試験を行います。

 他に考えられる原因として、上顎の歯の歯根膿瘍の炎症が鼻腔に波及した場合や異物の吸引(よくあるのがネコジャラシのような雑草の実)、(短頭犬種では少ないですが)鼻腔内腫瘍などが考えられます。
 歯根膿瘍は歯を担当医に診察してもらえば分かると思いますし、頭部レントゲン検査でわかります。他はレントゲン検査で分かることもありますが、診断困難なことが多く、断層画像診断(MRIなど)が必要になることがあります。

 まずは、しっかり抗生剤の薬を与えて細菌感染を抑えましょう。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問