JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Pinapple109に今すぐ質問する
Pinapple109
Pinapple109, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 48
経験:  臨床獣医師
61112888
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Pinapple109がオンラインで質問受付中

2歳7ヶ月、オスのハバニーズですが、ここ数日、時折喉に詰まったような感じで、息がしにくそうにガーがーと音を立てながら

解決済みの質問:

2歳7ヶ月、オスのハバニーズですが、ここ数日、時折喉に詰まったような感じで、息がしにくそうにガーがーと音を立てながら体を丸め、最後に吐くようなしぐさをします。それを何度か繰り返しながら落ち着くのですが、食欲はあるし、それ以外の時には元気なので、病院へ行った方が良いのか迷うほどです。
しかし、その症状が出た後は疲れが出るように見えるのですが・・・。一時的なものなのでしょうか、それとも喘息のような症状なのでしょうか?
それと、よく食べる子ですが、夜中に今までトイレの時には報せていたのが、最近、トイレ が間に合わないのか?お風呂場に行ってしていたり、絨毯の上にウンチをしたりで、困っております。夜寝る前には庭でトイレをさせておりますが、小さい頃から朝まで持たない様子で、いつも夜中2度は起こされております。
今までの犬は、ちゃんと朝まで待ってトイレにいけてたので、どういう風に改善して行けば朝まで持つ様になるのか教えていただければと思います。
夕飯は5時~6時代に取らせ、その後、寝るまではお水も飲んでない様子で、大量に取っているとは思えないのですが。
主寝室で一緒ですが、ベッドの下に犬用のベッドを置いて寝させています。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  Pinapple109 返答済み 6 年 前.

ここ数日の変化であれば、早めの受診をお勧めします。 気管性の咳やのどの奥がせまくなっていることもあります。 また、吐き気が原因の場合もあります。 何かいたずらして食べてしまったとか、胃腸障害の兆候はないでしょうか?どちらにしろ、症状が続くときは内服薬の服用をされた方が良いと思います。 

 

あとは、尿についてですが、多飲多尿の可能性もあります。 クッシング症候群や腎不全、または心因性などさまざまな原因で尿量が増えます。 薄い色の尿であれば上記のような病気の可能性があり、膀胱炎などでも排尿回数が増え、がまんができなくなることもあります。 ただ、その子の排尿ペースもあるのであまりがまんさせすぎると膀胱炎が悪化することもあるので注意してください。

質問者: 返答済み 6 年 前.
回答有り難うございました。喉の症状は、つい先日、急に始まったもので、毎日ではなくなりましたが、興奮するとたまに出るようです。病院へはすぐ連れて行こうと思います。
それとハバニーズの体重は7.6キロ、去年ケンネルから帰ってから、水溶性下痢が止まらず、病院で検査も受け、色々調べてもらいましたが、大きな病気も無く、頂いた栄養剤と食事をHill’s Prescription Diet 『Z /D』を3ヶ月食べさせていたら、そのうち良くなりました。
最近でも、時折下痢はありますが、そのほかはいつも元気で毎日楽しそうにお散歩も日に2回、森(イギリスなので)を散歩しています。 普段は、餌をNatures Menu と言う、病院でもそれなら大丈夫・・・といわれている物を食べさせ、おなかがゆるくなったときにはZ/Dに変え、人参やキャベツ、グリーンピースなどを茹で、混ぜて与えるようにしています。

夜中にトイレで困るのは、殆どウンチの方すが、どうしても夜中に行きたがるので、この癖を直したいと思っているのですが・・・。
ここ二日は、夜中1回庭へ出たがり、粗相をせず済ませることが出来ました。

水分量ですが、日に約200mlほど飲んでおりました。食べ過ぎはあるかと思ったので、量も朝晩、少し少なめぐらいで与えてみております。もう一匹の餌が残っていると、すぐ食べようとするため、今はしっかり管理するよう心がけて見ているところです。
クッシング症候群と言うのはどういうものでしょうか?
これらもVetで相談した方が良いでしょうか?

専門家:  Pinapple109 返答済み 6 年 前.

 1日に200mlであれば、クッシング(副腎の病気です)の可能性は低いと思います。 

 

 咳の原因に関しての検査を受けることをお勧めします。 また、心疾患でも咳が出ることがありますので、雑音の有無やレントゲンで検査してもらえると思います。 

 

 興奮したり、吠えたり、長時間の運動は避けて、気温差が少ない生活をお勧めします。 どうぞお大事になさってください。

Pinapple109をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問