JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

7 5

質問者の質問

7歳のシーズ犬の事をお尋ねします。5日前突然左目から出血があり、慌てて獣医さんの所へ走りました。先生の話では、眼球に穴が開いていて大変なことになつているとの事、まったく心当たりがなく心配をしました。すぐに手術をして頂きました。今後どの様な治療と時間また費用はいくらぐらいかかるのか心配です。よろしくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
眼球に穴が開くという場合は
傷(けんか、自傷など)や薬品による外的なものが一番多いですがこころあたりはありませんか?
シーズーさんの場合比較的目が出ているので、 どこかで引っ掛けたり、痒みがあってこすったりして眼に傷ができることがありますし、もともとドライアイの子は感染しやすかったり、傷がつきやすかったりします。
それがひどい場合は穴があくことがあります。

手術はどのようなものをされましたか?
瞬膜フラップあるいは眼瞼フラップといって傷をしばらく覆ってしまう方法が一般的ですが、眼の中が感染していたり、ひどい場合は眼球摘出になることがあります。
もしフラップをしているのであればしばらくしてフラップをはずしてみて傷の具合をチェックしていくことになると思います。
経過がよければ点眼と内服で治療していくことになるでしょう。

治療費は経過がよければ手術以外はそれほどかからないこともありますが、経過によりけりですのでなんともいえません。

犬 についての関連する質問