JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

多中心型リンパ腫と診断されて半年が経ちます。初期は毎週オンコビン他の抗がん剤を投与していましたが肝臓と腎臓に影響が出

解決済みの質問:

多中心型リンパ腫と診断されて半年が経ちます。初期は毎週オンコビン他の抗がん剤を投与していましたが肝臓と腎臓に影響が出るタイプの犬の様で一ヶ月経った頃から2週間に1度の投与に変わりました。リンパ節の腫れはある程度コントロール出来ている様子です。最近では血尿 が止まらず、前回は多少効果の低い抗がん剤に切り替え様子をみました。血尿が止まったので昨日はオンコビンを再投与したものの帰宅後は吐き気が止らず下痢もしている状態。血尿も再発してしまいました。ステロイドの影響で増えた体重はいまのところ減少せずに維持しています。昨年、ストロバイト尿結石の手術の際に前立腺肥大も多少あるので獣医師のすすめで虚勢手術も済ませました。Q→現状の犬に与えられる最善の食事とは・・・?尿結石の為の療法食に茹でた肉などをやったりしていますが食が進まず、手作り食を考えています。炭水化物やミネラルを避ける他に何か注意すべき事はありますか?おすすめのレシピがあればご指導頂けると助かります。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

 リンパ腫の治療で一般的に使われる薬にはビンクリスチン(オンコビン)、L-アスパラギナーゼ(ロイナーゼ)、ドキソルビシン(アドリアシン)、サイクロフォスファマイド(エンドキサン)などの抗癌剤とプレドニゾロンのようなステロイド剤を使われます。
 
 血尿はサイクロフォスファマイドによるのもが考えられます。この薬は腎臓から尿と一緒に排泄されます。この薬を投与した後の尿が膀胱内で長く留まっていると、膀胱粘膜を傷めてしまい、血尿がでます。
 小生は、これにならないように、ステロイドの多飲多尿の服症状利用して、内服の場合ステロイドと一緒に午前中に投与し、自由に飲水と排尿が出来るようにすると、血尿のリスクを最小限にすることが出来ます。また、利尿剤などを併用することもいいでしょう。

 ビンクリスチンは比較的副作用が少ない抗癌剤ですが、投与後に嘔吐があるということは、もしかしたら、その子はシェルティやコリーなどの牧羊犬またはその雑種でしょうか?これらの犬種はある種の薬に対して代謝障害を遺伝的に持っている子がいます。もしそうなら、ドキソルビシンでも同じような症状がでるかもしれません。

 ステロイドの影響か否かわからないですが、体重が減っていないことは良い事です。

 食餌はご存知のように、炭水化物は控えてください。なぜなら、がん細胞がとっても好きな栄養素だからです。そして、魚の油に多く含まれるDHAなどのω3脂肪酸を多く与えてください。がん細胞が唯一栄養に出来ない栄養素で、動物の体にはイイ栄養素です。例えばマグロのトロです。

 サプリメントも利用してもいいかも知れません。
 マイタケの成分が含まれているものは効果が見られることが良くあります。マイタケ成分は免疫能力を整え、体内にあってはいけない物(腫瘍細胞)を免疫が攻撃するように仕向ける効果があるようです。
  腫瘍になるといろんなところの血管の中で血が固まってしまう播種性血管内凝固症候群というものになりやすくなり、これになってしまうと予後不良になってし まいます。播種性血管内凝固症候群にならないようにするためには、血が固まらないようにするのですが、その目的としてミミズの成分が含まれているサプリメ ントも良いかもしれません。
 サプリメントは治療薬ではなく、補助的なもので、生命の質をなるべく悪化させないようにするものと思ってください。
 
 癌の患者は、飢えさせない(痩せさせない)、嘔吐はすぐ止める、ということをしっかりするといい経過を送ることが多いです。頑張ってください。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問