JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
lovehideに今すぐ質問する
lovehide
lovehide, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6
経験:  小動物の診療に従事して参りました。 現在は大阪府堺市でキキ動物病院を開院しております。
61410106
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
lovehideがオンラインで質問受付中

もし、腫瘍があった場合は手術でしょうか?歳なので心配です。

解決済みの質問:

もし、腫瘍があった場合は手術でしょうか?歳なので心配です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  lovehide 返答済み 5 年 前.

こんばんは。

大阪府堺市のキキ動物病院です。

腫瘍が発見された場合は多くのことを考慮の上で治療方針を決定しなければいけません。

まずは手術でよくなるのかどうか。手術しても予後が悪化する、もしくは手術の有無に予後が影響しない場合は手術するメリットよりも麻酔のリスクや経済的なデメリットの方が大きくなります。

次に手術に耐えられる状態かどうかを評価することが必要になります。具体的には全身的なスクリーニング検査(血液検査やレントゲン検査など)で転移巣や全身状態の悪化がないか、高齢による麻酔のリスクなどを考慮することになります。例えばレントゲンで肺転移が発見された場合、手術するメリット・デメリットのバランスはどうなのかなどを考えることが必要になります。

その他、経済的なこと、術後管理が十分にできるかどうかなども考慮の上で手術可能かどうかを決定することになると思います。

どんな腫瘍でどの場所に腫瘍があるかによって手術適応かどうかが決まる場合も多いので、まずは動物病院で相談してみるといいと思います。

lovehideをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問