JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Pinapple109に今すぐ質問する
Pinapple109
Pinapple109, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 48
経験:  臨床獣医師
61112888
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
Pinapple109がオンラインで質問受付中

原因不明の下血でした。レントゲン、組織検査等、多種な検査をしましたが原因は特定されませんでした。便の周りに赤黒い血が

質問者の質問

原因不明の下血でした。レントゲン、組織検査等、多種な検査をしましたが原因は特定されませんでした。便の周りに赤黒い血が張り付き、血の固まりだけが出る事もありました。トランサミンや抗生剤でも下血は治まらず、最終的に一ヶ月のプレドニン投与で下血は治まりましたが、頻繁に便をするようになりました。療法食のW/Dを混ぜなければ便も緩くなります。一日に10回程、細い便を細切れにします。何か対処法はありますか。 宜しくお願い申し上げます。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  Pinapple109 返答済み 6 年 前.

 便の出血は様々な原因で起こります。

 

 長期的に出血する場合、腸内の腫瘍や免疫疾患、寄生虫の感染、男の子であれば前立腺拡大、便が出にくくなることもあります。

 

 w./dは線維が多くなるため、排便量や回数がやや増加することもあります。

 

 雄で細い便ということであれば、去勢していない雄に多い前立腺肥大や腫瘍の可能性もあります。 内視鏡で腸内を観察しながら組織を採取したり、腸のバリウム造影検査など様々な検査により、原因を探すこともできますが、ステロイドで回復した場合は炎症性腸疾患も疑われます。

質問者: 返答済み 6 年 前.
全て出来うる検査をした上での質問でした。ご回答の内容は私でも分かる範囲の内容です。ステロイドの投薬も炎症性を疑う理由があっての投薬です。下血が治まり安堵の後の今回の結果でしたのでご相談申し上げました。下血の要因は聞いてはおりません。w/dの事も承知で与えています。専門家との事でしたので期待をいたしましたが残念です。炎症性腸疾患であったと仮定して、下血が治まった後の排便の悩みの対処法はこうすれば大丈夫です。そんな回答を期待いたしました。

犬 についての関連する質問