JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

柴犬 メス 皮膚がはれ、毛をかきむしる セゼンダニによる症状?

質問者の質問

柴犬 メス
皮膚がはれ、毛をかきむしる
セゼンダニによる症状?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 5 年 前.

こんにちは。

年齢や症状によって皮膚炎にはいろいろな原因があります。

もし、1歳未満の若い子であれば、ヒゼンダニや毛包中などの寄生虫の感染もあり得ます。この場合は、病院で皮膚掻把検査によって診断し、ダニを殺すお薬を使用します。

また、成犬になっていて、季節的、または通年にかゆがり、毎年ひどくなっていくのであればアレルギー性皮膚炎の可能性があります。アレルギー性皮膚炎の場合は完治するのは難しく、症状を抑えながら付き合ってための様々な治療があります。(ステロイド、サプリメント、食事療法、減感作療法、インターフェロン療法など)

また、細菌感染や真菌感染で皮膚にかゆみを起こす皮膚感染症もあります。こちらは、アレルギー性皮膚炎と併発することもありますし、単発で起こることもあります。

皮膚の感染がある場合は抗生剤、抗真菌剤、薬用シャンプーなどで治療します。

また、7-8歳以上で急に皮膚の症状が出た時はホルモン疾患などが原因になっていることもあります。甲状腺機能低下症や副腎皮質機能亢進症などがあると皮膚疾患を併発することがあります。これらの病気は皮膚の症状以外にもお水を多く飲むとかおしっこの量が多いなどの症状を伴うことがあります。また、特徴的な被毛の抜け方をすることもあります。これらの病気は血液検査によって診断することができます。

最後に、避妊をしていないコでしたら、性ホルモン反応性の皮膚疾患が出ることもあります。

発情期の周期に関連して痒みがでるのであれば避妊手術によって症状の改善がみられることもあります。

犬 についての関連する質問