JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
yasuyukiに今すぐ質問する
yasuyuki
yasuyuki, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 258
経験:  北里大院卒獣医学修士臨床経験20年以上
61682647
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
yasuyukiがオンラインで質問受付中

6 9

質問者の質問

初めましてハチと申します。6歳のチワワを飼っております。
そのチワワですが、昨年の9月にMRIを受け、脳炎と診断さ れ、ステロイドの投薬治療を続けています。
脳炎と診断された頃は、片目が盲目で歩くこともままならない状態でした。
今年の7月頃から、盲目だった目が、正常な状態ではありませんが、見えてきています。
ただ、気になる点が、見えない目が、稀に、左右が入れ替わるのです。
その都度、麻痺している四肢も逆になります。症状は、その都度、変わります。
かかりつけの先生は、もう一度、MRIの検査をし、脳の状態と頸椎の状態を確認したいと言われております。
眼の症状や四肢の症状が逆転するのは、脳内の水が移動しているとしか考えられないといっております。
飼っているチワワには、頸椎にも少し問題があるようで、頸椎の手術を行い、脳に溜まる水が流れるような処置ができれば、
①今のようなフラフラしてまっすぐに歩けないという状態を解消することができるかもしれない。
②ステロイドの投薬量を、減らすことができる。(病院によって違うと思いますが・・・)
  現在は、朝1/2錠 夜1/4 錠です。
食欲は、減らずに、便もきちんとしております。
何とか、前みたいに大好きな散歩を少しでもさせてあげたいと思います。
手術は、有効な手段ののでしょうか?費用面も含め、検討したいと思います。
よろしくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
診断名は脳炎でよろしいのでしょうか?
脳内の水を流すような手術というのは脳圧を下げる処置になりますので、水頭症のときの処置になりますが。

犬 についての関連する質問