JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

犬の抗がん剤治療開始時期が知りたい

解決済みの質問:

 犬の抗がん剤治療に付いて教えて下さい、はじめまして、ゴールデンレトリバーですが、1週間前に朝食べたドックフードを吐き15時頃に黄色い液体を嘔吐した為、病院に行きました、 薬を貰って嘔吐はしなくなりましたが食事をしない為、2日後再度病院に行き検査をして貰った処、白血球数が51,000、LIPが576、ALPが258でした先生は膵臓が悪いとの事で薬の治療を始めました、それでも食事をしないので次の日また病院に行き検査をお願いした処、白血球数が100,000,LIPが410、ALPが788でした、先生はリンパ腫の疑い... この一般質問は 2011/08/07 に投稿されたもので、価格は ¥1,500 に設定されています。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

 リンパ腫の治療に使われる抗癌剤は一般的に、ビンクリスチン、ドキソルビシン、サイクロフォスファマイド、L-アスパラギナーゼ、そしてステロイドのプレドニゾロンがあります。

 膵炎があるようなら、L-アスパラギナーゼは使用しない方がいいでしょう。ドキソルビシン、サイクロフォスファマイド、ビンクリスチンは肝機能が正常なら使用できます。しかし、膵炎があると胆管にも影響し、黄疸が見られるようなら、ビンクリスチンは投与量を減らしたり、投与の中止がいいでしょう。
抗癌剤の多くは骨髄抑制という副作用があるのですが、この子の場合白血球が多いくらいなので気にしなくてもいいです。

 抗癌剤による治療は結構、体力が必要です。ただでさえ、腫瘍によって痩せる傾向にあるので、下痢や嘔吐が出ない程度に食べさせてください。
 体力が維持できないと治療が開始できません。
 与える食事は、腫瘍細胞は炭水化物を主に栄養素としていますから、炭水化物(米、麦、砂糖など)の量を少なくしてください。
 そして、サカナに多く含まれているオメガ3という脂肪は、腫瘍細胞が栄養に出来なく、患者は栄養に出来るので、この脂肪を多めに与えてください。マグロのトロが良い例です。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.

現在病院に入院し点滴を受けていますが、体力が無くなって来ているようです、漢方等良い物が有りますか、それから水を少し飲んだだけでも嘔吐するとの事でした、漢方等をどの様にして与えたら良いか教えて下さい。

 

専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
おはようございます。

 サプリメントとしてはマイタケの成分が含まれているものは効果が見られることが良くあります。マイタケ成分は免疫能力を整え、体内にあってはいけない物(腫瘍細胞)を免疫が攻撃するように仕向ける効果があるようです。
  腫瘍になるといろんなところの血管の中で血が固まってしまう播種性血管内凝固症候群というものになりやすくなり、これになってしまうと予後不良になってし まいます。播種性血管内凝固症候群にならないようにするためには、血が固まらないようにするのですが、その目的としてミミズの成分が含まれているサプリメ ントも良いかもしれません。
 サプリメントは治療薬ではなく、補助的なもので、生命の質をなるべく悪化させないようにするものと思ってください。
 漢方薬で腫瘍に効果のある記載が見つからないので、よくわかりません。

 現在嘔吐があると、栄養管理が困難になり、嘔吐は思った以上に体力を使います。まず、嘔吐のコントロールが先でしょう。 たぶん、担当の先生も今必死に嘔吐の治療を頑張っていると思います。
 サプリメントや漢方は内服なので、嘔吐がある場合、投与が困難だと思われます。

 ちなみに、欧米ではすでに販売されているマロピタント(商品名:Cerenia)という制吐薬が近々日本でも販売されるようです(すでに販売されているかもしれません)。小生の経験上、とにかく効きます(効きすぎて怖いくらいです)。ただ、嘔吐は止まっても病態は進行します。主治医の先生と相談してみてください。

 
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問