JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

10 1 5

質問者の質問

現在10歳のメスのミニチュアダックスを飼っています。先日、胸のところに1.5センチほどの腫瘍を見つけ、切除したところ、悪性の腫瘍(乳がん)で、浸潤性のものであるとのことでした。腫瘍はキレイに取れたようですが、転移の可能性を考え、腫瘍が出来ていた側の乳腺を摘出することにしました。このようなタイプで転移の可能性はどれくらい高いものなのでしょうか?乳腺を摘出したあとは、普通の生活に戻れるのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
こんにちは。

 犬の乳腺腫瘍はヒトやネコより比較的性格がおとなしいと言われています。
 乳腺に出来た腫瘤の良性と悪性の割合はほぼ半々で、悪性のうち約半分は性格がおとなしいそうです。性格が悪いうちの1~2割で炎症性乳癌というとても性質が悪いものがあり、これは多くが発見したときはすでに転移をしていて、手術をするとさらに悪化してしまうというものです。
 この子の場合、炎症性乳癌なら病理検査でわかりますので最悪の乳癌では無いでしょう。脈管侵襲傾向というのは、病理組織の中の血管やリンパ管に腫瘍細胞か入り込む傾向にあるかどうかを表しています。脈管侵襲傾向がやや強いということですので、腫瘍の性格は少し悪いかもしれません。
 腫瘍細胞がどこまで転移が進んでいるかは、病理検査ではわかりません。

 乳腺腫瘍は胸部乳腺の場合は腋窩リンパ節(脇の下にあるリンパ節)に、腹部乳腺の場合は鼠径リンパ節(太ももの付け根の内側のリンパ節)に、まず最初に転移します。手術のときに同時に摘出して、それも病理検査をすることによって転移をいているか否かが解り、遠隔転移の有無の予想が出来ます。
 転移の可能性の確率というのは、統計的なもので、どのくらい大きく余裕を持って取り除いたか、リンパ節を除去したかなどによってかなり左右されるので、具体的にはお伝えすることができません。

 転移の心配だけでなく、もう片方の乳腺が残っているのであれば、新たな乳腺腫瘍の発症も注意しないといけません。乳腺に限らず定期的に体をチェックして腫瘤が出来ていないか見てあげてください。

 乳腺を除去しても、元気であれば普通の生活をしても問題ありません。
 ヒトでは術後しばらくして抗癌治療やホルモン療法を行うこと多いですが、イヌの場合は賛否両論です。もし、考えているのであれば、主治医の先生とその子の今までの検査結果等をもとに相談して行うか否かを決めてあげてください。
 
 あと、マイタケの成分が含まれるサプリメントがあります。これは免疫能力を高め、腫瘍の発生・増殖を抑制する働きがあり、生命の質を高めるというサプリメントです。動物用もありますので、これも利用してもいいと思います。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 6 年 前.
乳腺は脇のところから足の付け根までを摘出して、リンパ節も取ると説明を受けています。手術自体は麻酔の時間も含め、2時間程度でといわれました。日帰りも可能ですといわれたのですが、1泊入院させたほうがいいでしょうか?あと、日にちをおいて、反対側の乳腺も腫瘍が出来る前に乳腺摘出をしておいたほうがいいのでしょうか?
質問者: 返答済み 6 年 前.

何度もすみません。サプリメントでまいたけエキスがいいとおっしゃっていましたが、犬用のサプリメントでなければダメでしょうか?私が飲んでいる霊芝やまんねんたけ・ローズマリーなどのきのこ類とハーブが入っている顆粒の健康食品があります。それも、飲んでいるとガン細胞が小さくなったなどの情報がよせられています。人間のものを食べさせてもいいのでしょうか?

専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
おはようございます。

 手術後、日帰りか入院かは、麻酔後の覚醒具合や元気の回復具合で決めたらいかがでしょうか。
 乳腺腫瘍が出来る前にもう片方も取ったほうがいいかどうかは、あまりしません。すでに片方を取っている場合、皮膚の面積が少なくなっているので、もう片方を取ると皮膚に張力がかかり、縫合後なかなか皮膚がくっつかないことがあります。
 ただ、乳腺腫瘍は卵巣から出るホルモンの影響があるので、同時に避妊手術を行うことがあります。そうすることによって、再発のリスクをある程度緩和されると考えられています。

 人用のサプリメントを使うことは疑問に思います。人用のものは複数の成分が入っていることが多く、その中には動物に対しての安全性や有効性などが不明なものが多いです。場合によっては動物にとって有害の物もあります。やはり、動物用の物の方が安心できると思います。

 ヒトの食べ物をあげていいか否かは、獣医師によって賛否両論ですが、小生は反対です。現在市販されているフードの多くは栄養バランスをしっかり考えられて作られています。そこにさらに他のものを与えることによって、せっかくの栄養バランスを崩すことになります。
 また、しつけの面でもあまりお勧めしません。
質問者: 返答済み 6 年 前.

回答をありがとうございました。サプリメントは人間のものではなく、やはり動物用のサプリメントにしたほうがいいですね。お勧めのメーカーなどはあるのでしょうか?なんとしてでも、大事な家族なので、抵抗力をつけて、再発・転移のリスクが低くなるようにしてあげたいと思っています。11日が手術日なので、今から、私がどきどきしています。傷口はしばらく痛むんだろうなぁとか・・・心配はつきません。

ちなみに、昨年、子宮蓄膿症で、子宮などは摘出しました。

専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
おはようございます。

 小生がお勧めするものは“Dフラクション”です。
 動物病院専用なので、普通のペットショップにはありません。値段や在庫の有無は動物病院に問い合わせてください。

 無事に手術が終わるのを願っています。
質問者: 返答済み 6 年 前.
ありがとうございました。さっそく、Dフラクションの60mlを注文しました。なんとしてでも、元気にさせたいと思います。(今現在は、まったく具合が悪くなく、食欲も旺盛なんですけど・・・)
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
末永く、健康に生活できるのを祈っております。

犬 についての関連する質問