JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

10

解決済みの質問:

今年で10歳になるパグ♀ですが、この半年ほどトイレをどこでもしてしまうようになってしまいました。ソファの上、ベッドの上、床全般など、自分が眠っている所でも構わずしてしまいます。また、見つけた時にしないように叱ると、放尿しながら走り回り、家の中が尿だらけ になってしまいます。最近では、見ている前でも、ところ構わず排泄をします。糞は、仰向けで抱っこをしていても、そのままの姿勢でしてしまいます。食欲・元気はあるのですが、尿の回数は1日15回以上と多いです。何かの病気なのか、痴呆のような症状なのか… その他は、1年ほど前から後ろ足の脚力がなくなっています。様子を見て対応をしていくしかないのでしょうか?病院で診察・治療が必要なのでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 5 年 前.
こんにちは。

 痴呆も考えられますが、排尿回数が増えていることから、まず膀胱炎を考慮しなければなりませんね。また、飲水量の増加が伴って、排尿回数だけでなく、尿量も増えているようなら多飲多尿と言う状態で、腎不全や肝不全、糖尿病、子宮蓄膿症など様々な病気が隠れているかもしれません。

 また、後肢が不自由になっていることから、脊椎の障害も考えられます。脊椎の障害があると、障害部位によって排尿に関係する神経や排便に関係する神経も傷害されることがあるので、後肢の障害に糞尿のお漏らしを伴うことがあります。

 尿を持参のうえ、動物病院で診察を受けることをお勧めします。身体検査や尿検査、神経学的検査によって、血液検査やレントゲン検査をした方がいいでしょう。
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問