JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
japavetに今すぐ質問する
japavet
japavet, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 6510
経験:  獣医臨床歴6年
60306695
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
japavetがオンラインで質問受付中

( 11 )

質問者の質問

約1年半前から我が家で飼っているラブラドール(雌・推定11歳)の左後ろ脚 に大きなコブがあります。彼女をもらって来て間もない頃に動物病院で診てもらった際、悪性の肥満細胞腫と診断され、放射線治療を勧められました。大きく切除しなくてはならないので、脚を1本失う覚悟が必要な手術になるがそれしか方法はないとのことでした。以前飼われていた所では、一度そのコブが大きくなりすぎて破裂したような事を聞いていたので、他に転移していることも当然考えられます。 しかしそのコブがある以外は元気そのものですし、痛がる様子もなかったので、大型犬の寿命を考えればかなりの高齢なので、脚を失って体力を低下させてしまうよりも、このまま残りの命を全うしてもらいたいと、手術は行わない決断をして現在まで来ました。 それが徐々にコブが大きくなり、最近でははち切れんばかりにテカリさえ出てきました。散歩のあとコブを舐めたり痒がったりもしています。それにヒートと暑さのせいかもしれませんが、呼吸が荒い状態が長く続いたり気だるそうにしていることが多くなったように思います。 全身麻酔を要する手術以外にコブを取り除く方法はないのでしょうか。現在のコブが再発のものなので、今後また再発しても仕方がないと思っています。ただ、自然にはち切れるより前に応急処置できればと思うのです。何か方法があればご教授頂けたら幸いです。どうぞよろしくお願い致します。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

残念ながら肥満細胞腫にかかわらず、足に大きな腫瘍ができたときは、どこの病院でも断脚をすすめられると思います。腫瘍はとれても、足の皮膚はたるみがないので皮膚がよらないんです。

放射新治療も断脚なりで腫瘍自体を取り除いた後というのが前提だと思います。

それと肥満細胞腫はヒスタミンという物質がでるので、すごく痒いんです。できるだけ腫瘍をとってあげないと、犬はずっとなめ続けますから、そこが化膿して、今の時期はウジがわく子もいます。後ろ足なので断脚しても、飼い主さんが思ってる以上に犬はすぐ慣れて歩く子が多いですし、癌なので、いずれ転移があるとしても、少しその時間を遅らせることができます。

断脚をしないのであれば、毎日消毒して、包帯などを巻いてなめないようにするしかないでしょう。

専門家:  japavet 返答済み 6 年 前.
そのほかの選択肢としては、内科的なものになるでしょう。
こちらは外科的な方法に比べれば、姑息的なものになりますし、完治させるというよりは症状を緩和する、進行を抑えるといったことがメインの目的になります。

ストロイド剤は肥満細胞腫のワンちゃんによく使う薬です。
副作用の面などもありますが、この薬により 、痒みや腫瘍部分の炎症を抑えることができます。
また、腫瘍自体を多少小さくする可能性もあります。

抗がん剤も肥満細胞腫に使うことがあり、効果があります。
ただし、あまりにも大きくなりすぎてしまった腫瘍に関してどの程度聞くのかは実際に経験したことないので何とも言えませんが、使ってみる価値はあると思います。
それほど強い副作用は出にくいと思います。


積極的な治療を望まない場合や、緩和的な治療を望む場合にはこちらの方法もありますのでご参考までに。

犬 についての関連する質問