JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
arinkoに今すぐ質問する
arinko
arinko, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 186
経験:  小動物臨床経験が16年になります。
61199096
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
arinkoがオンラインで質問受付中

先程分章の途中で送信してしまったかも知れません。 続きを書きます。11歳のシーズー雌です。肝臓が繊維化していると診

解決済みの質問:

先程分章の途中で送信してしまったかも知れません。
続きを書きます。11歳のシーズー雌です。肝臓が繊維化していると診断されています。急に餌を食べなくなり痩せてしまいました。麦・米・鶏肉にアレルギーがあります。食べなくなって色々なものを試しましたが、どれも続かず
 ここ数日はチーズ鱈、芋けんぴ、りんご、プリン等々、あげないほうが良い事は分っていますが食べるものを与えています。もうあまり生きられない事は覚悟してのことです。一週間程前から、腹水が貯まってきました。元気な頃は6キロ以上あった体重は4キ ロまで落ちて、腹水のためかココ数日は4.6キロになっています。椅子に座った私の膝に飛び乗って来る程元気だった子ですが、いまは骨と皮状態です。主治医の先生からは「腹水は抜くと、その分体は作ろうとするので無意味なので抜かないほうが良い」と言われます。点滴を打って頂くと少し元気が出るようなので数日おきに三回ほどお願いしましたが、これも腹水を増やす作用が有ると聞き、八方塞がりの状態です。背骨の両脇を擦ってやると気持ち良さそうにするのでできるだけゆっくり擦ってやっています。呑み続けてきた肝臓の薬も、あげられない状態です。何かしてあげられる事は無いものでしょうか?できるだけ苦痛を与えず、最後まで面倒をみてやりたいと考えています。宜しくお願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  arinko 返答済み 6 年 前.
 はじめまして、arinkoともうします。
 記載されている情報から、この子は肝不全になっているのでしょう。
 肝不全になると、たんぱく質を上手く処理できず、アミノ酸や血液中の栄養を運んだり浸透圧を調節するアルブミンが作る事が出来なくなります。いま、腹水が溜まっていることから、このアルブミンが少なくなっているのでしょう。
 腹水が溜まっているからといって安易に除去するとそのアルブミンも一緒に除去されてしまい、更に腹水が溜まりやすくなるので、主治医さんの判断は正解だと思います。代わりに腎臓と心臓が大丈夫なら、体のミネラルに注意しながら利尿剤を投与して水分をオシッコとして体外に出す方法があります。すでに利尿剤は使用しているかもしれませんが、可能な限り量を増やしてみるとか、いくつかの種類の利尿剤を併用するとか主治医さんに相談しても良いかもしれません。いくらか腹水が軽減されるかもしれません。
 食事に関してですが、たんぱく質の少ない物を選んであげてください。炭水化物は多めがいいと思います。
 肝臓がたんぱく質の処理機能が低下してますし、たんぱく質が腸から吸収されるときにアンモニアがつくられ、このアンモニアを無毒にする肝臓が弱っているため、どんどん体内に貯まり、肝性脳症と言ってケイレンやふらつき、嘔吐などが生じます。
 他に栄養素として、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンKといったビタミン類、アミノ酸、カリウム、亜鉛を多めに与えた方がいいです。
 麦とお米にアレルギーがあるとの事で、与えられる炭水化物は少なくなりますが、今まで与えていたもので、芋ケンピは良いと思います。また、スポーツドリンクも利用すると良いでしょう。製造元は知りませんが“BCAA”といったドリンクは特にお勧めで、肝臓に良いアミノ酸が含まれています。

 この子の状態は大変厳しい状態と思われます。
 嘔吐が生じるようならすぐに対応してあげてください。嘔吐は病気の子にとってとてもつらいことです。
 
 参考になっていただければ幸いです。頑張ってください。
 
arinkoをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問