JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
loverai0210に今すぐ質問する
loverai0210
loverai0210, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 1846
経験:  動物病院に勤務しています。主に犬猫の診察をしております。
60637329
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
loverai0210がオンラインで質問受付中

こんのちは。シーズ犬14歳今年1月ごろ腫瘍らしきであることがわかりました。 しかしながら右胆のうあたりむずかしい所

質問者の質問

こんのちは。シーズ犬14歳今年1月ごろ腫瘍らしきであることがわかりました。
しかしながら右胆のうあたりむずかしい所にあることまたCTなど麻酔もかかるこて追求はしておりませ 昨日レントゲンで肝臓にいくつかいびつに腫瘍があり冬まで持たないと宣告されあとの予定はかなり苦しいのでしょうか?去年腸管り んぱ腫瘍でシーズをなくしておりかなり苦しんだので
とても不安です

レントゲンでの画像および血液検査からは
肝臓の状態の悪化がみられます。
見た目としても、腹部がかなり張っていることと、
食事をいっぺんにたくさん食べられないとことから、
肝臓が大きくなってしまった事で、
胃や肺が圧迫されている可能性がありますと思ってます。

ただ、幸いなことにナナちゃんはまだ、
肝臓の肥大に伴う自覚症状はまだほとんどないようで、
苦しそうな様子などもまだ感じられないということで、
それはなによりのなのですが
主治医の先生からは「緩和剤としてのステロイド」を勧められたということでしたが、
ステロイドというのは『原因がなんであっても炎症を押さえ込む薬』です。
(対して抗生物質は「細菌感染」を抑えた結果として炎症を抑える薬です)

とにかくステロイドは節操無しに炎症を押さえ込みますから、
ナナちゃんの肝臓で生じている炎症、腫れにも少なからず効果があると思います。
ただし、それは、現在の肝臓を治すための投薬ではなく、
ただ圧迫を減らし、負担を減らすための治療ですから
「今すぐその治療を開始する必要」はないと私は思います。
むしろ、もっとナナちゃんの自覚症状が強くなって来てから、
それじゃあ、いつ投薬を始めるのがよいのか?と思われるかもしれませんが、
私の目安はナナちゃんを見ているのがつらくなったとき」です。
苦しいんじゃないか、なにかしてあげられないか、と思ったときが、
ステロイドを選択する時期なのかと思ってます回答お願いします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  loverai0210 返答済み 6 年 前.
申し訳ありません。結局何をご質問されたいんでしょうか?
わんちゃんが病気になって焦ってらっしゃるの はわかりますが、質問をされるのであれば
もう少しわかりやすく書いてもらわないとなかなか回答してもらえないと思いますよ。

飼い主さんの中でそこまで結論がでているのであれば、よいのでは?

ただし、肝臓にそれだけ腫瘍があれば「見てるのがつらくなったとき」に
治療としてステロイドをはじめても、間に合わないし、効かないと思います。
ご存知かもしれませんが、ステロイドはあらゆる炎症を止めますが、そのぶん副作用
も強いお薬です。肝臓や腎臓にも負担をかけます。
辛くなるくらい悪いということは、かなり末期ですので、ステロイドを使ってもほとんど
変わらないと思います。
わんちゃんは、ギリギリまで症状を出さない子が多いです。
飼い主が見ていて危ないと思ったときは、もう何もできないときだと思ってください。
腫瘍がなんなのかがわからないので、ステロイドもやみくもに使えませんが、やるなら早い方がいいですよ。
loverai0210をはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問