JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

ミニチュアダックスフンド  6歳 女の子 5日前に、歩き方が(後ろ足)ふらつき、すぐに病院に行きヘルニアと診断

解決済みの質問:

ミニチュアダックスフンド  6歳 女の子

5日前に、歩き方が(後ろ足)ふらつき、すぐに病院に行きヘルニアと診断すぐ入院になりました。
ちみぎっても感覚があるので、内科療法で行きましょうと言われ、昨日退院予定だったので迎えに行って家に帰って来てたら、水飲むのも、尿をするのも座ったままでびっくりしました。
入院するまえよりも悪くなるなんて・・・(ほんの少しは、立ちます)
すぐに電話をしたら再受診、再入院でこんな状態でよく帰したなあと???(主治医はいなくスタッフが対応)
こんな状態でも内科療法でいいのでしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

椎間板ヘルニアには内科療法と外科療法があります。

教科書的には

深部痛覚が消失した場合は72時間以内に外科手術する、というのが通常です。

深部痛覚消失というのは足の爪の根本や指の間を思いっきりつねっても本人は何も感じない、というレベルです。もちろん立てませんし、歩けません。多くの場合は自力排尿も困難です。

さて、それ以前のレベルの状態になると病院、獣医師によって内科・外科の判断は様々です。

外科の経験が多い先生は少しふらつきが出ている程度でも手術を進める場合があります。また、内科治療での経験が多い先生は内科治療でも十分治る症例を多く見ていることも多いので、ご質問者様のような状態であっても内科治療(多くは入院が必要ですが)を続ける場合があります。ただし、内科治療を行っていても悪化傾向が強かったり、神経麻痺が進行するようであれば、外科に方向転換をすることが多いです。このタイミングが重要であるため、入院をさせて様子をみる、ということを行うことが多いのです。

また、外科手術についてはパッと治る、というイメージのある方が多いのですが、実は手術後も立てなかったり、リハビリにかなりの時間を要することも多いですので、このあたりの理解が必要です。また、費用はかなり高額になると思います。

今の状態で絶対に外科手術をしなければいけない、ということはない感じがしますが、治療に不安であれば主治医とよく相談をし、外科手術についてもあらかじめ説明を受けておいた方がいいと思います。例えば、費用や、どの段階になったらそこの病院では外科手術を行う方針であるか、また、手術について、同じ病院で行ってもらえるのか2次病院への転院になるのか(CTなどをとってから手術する場合は、そのような施設のある2次病院に紹介ということも多いので)等をよく話をしておくと不安が解消されるのではないでしょうか。

外科治療にしても内科治療にしてもヘルニアを起こしたコはその後のリハビリが重要になりますので、そのあたりも相談されておいた方がいいと思います。

kikurageをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問