JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

30

解決済みの質問:

山形県の孫田と申します。
今月30日で1才になる犬(コーイケル・ホンディエ)を飼っています。
3月頃から 便の先端に赤い出血や粘液が付いています。お尻を気にするときには肛門からピンクのマッチ棒状のものが出ています。内臓の一部のようです。たまに痛がっている(すごく気にしてる)ときもあります。
各種薬の治療もしていますし、アレルギーも疑われるとのことで対策した食事を与えて様子を見ていますが、改善する様子は見られません。
出血そのものはアレルギー食(魚とポテト)にしてから若干良くなっているようではありますが、
昨日痛がる様子があって、今朝の便の先端には血が結構付いていました。
腸のビランというかポリープ状のものなのかわかりませんが、外科的に取らないと治らないのでしょうか?
山形県のものですが、東北方面にはこのような症状に対応できる医院をご存知ないでしょうか?
よろしくお願いいたします。
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんにちは。

文面からお察しするに結腸(直腸)ポリープの可能性があります。用手による直腸検査や、直腸からの内視鏡の検査によって診断を行います。ポリープがあるようでしたら組織検査が適応と思われます。また、腹部全体のエコー検査やX線検査、血液一般検査、慢性的な下痢が伴っているようでしたら糞便検査(細菌培養なども)もしてもらって全体的な検査が必要だと思います。

経過が長いので、一般の内科療法では完治しきらない、または原因を追究できない可能性があります。

直腸内視鏡検査は内視鏡の設備(直腸から挿入が可能なサイズのディバイスが必要)が必要で、全身麻酔が必要になります。直腸ポリープが確認された場合、サイズや 種類によって、内視鏡での部分切除、または直腸プルスルー術(肛門からアプローチしてポリープのある直腸役20cm位までを肛門側に引き出して切除します。ミニチュアダックスでは若齢から中年でたまに見られる病気ですので、この病気の経験をしている獣医師であれば診断・治療ができると思います。)が適応になる可能性があります。直腸ポリープは炎症性腸炎やリンパ球性腸炎などの2次的なものとして起こることもありますので、今の食事療法等は診断が出るまで続けられたほうが良いと思います。

直腸内視鏡、または腸の生検等は現在の主治医の先生でやっていただけるかもしれません。(元気である場合、全身麻酔の使用や、料金の面で飼い主様におすすめしていないだけかもしれません)精査を希望する旨を伝えたらその病院で行ってもらえるか、他の2次病院を紹介してもらえると思います。

もし、そのあたりの依頼が難しいようでしたら、岩手大学の動物病院や、以下の病院はいかがでしょうか。直接存じませんが、インターネットで検索しホームページを見たところ、病院の施設と消化器疾患に対しての手術設備が整っているようでしたので、電話でまずは病態の説明を行い、精査をしてもらえるか問い合わせしてみるのがいいかと思います。

天童動物病院http://tendo-ah.jp/

kikurageをはじめその他名の犬カテゴリの専門家が質問受付中

犬 についての関連する質問