JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
kikurageに今すぐ質問する
kikurage
kikurage, 獣医師
カテゴリ:
満足したユーザー: 111
経験:  小動物臨床歴16年です。
60723395
ここに 犬 に関する質問を入力してください。
kikurageがオンラインで質問受付中

今、1歳1ヶ月の白柴犬を飼っておりますが、右目だけ目やにみたいなもので目の下の毛が茶色に染まって しまいます。洗え

質問者の質問

今、1歳1ヶ月の白柴犬を飼っておりますが、右目だけ目やにみたいなもので目の下の毛が茶色に染まって
しまいます。洗えば多少汚れは落ちますが毛が白いだけに茶色い涙を流したような感じになります。
これは何かの病気でしょうか?
投稿: 6 年 前.
カテゴリ: 
専門家:  kikurage 返答済み 6 年 前.

こんばんは。

 

いくつか原因が考えられます。

○眼の内側(鼻側)の方に茶色い色素が付いているのであれば、涙を鼻や口に流す「涙管」というところが詰まっているのかもしれません。原因は先天的、アレルギーによって涙管周囲が腫れているなどがあります。治療法としては「 涙管洗浄」という方法があり、とても細い管を涙管の入り口から入れて、圧をかけて液体を通し、つまりを取り除きます。また、アレルギー性結膜炎を併発している場合は目薬で抗炎症材を用います。「涙管洗浄」は通常鎮静または全身麻酔下で行いますが、とてもおとなしいこの場合、局所麻酔点眼によって処置することもあります。尚、先天的に涙管がふさがってしまっている子はつまりが改善されませんので、治療が困難です。

○右眼に逆さまつ毛などがあって常に刺激している場合

この場合はまつ毛を定期的に抜く、または永久脱毛をしてもらう(こちらは全身麻酔になります。凍結療法による方法や、まつ毛の根本から切開するほうほうがあります。)

○右目の眼瞼が内反(内側に入り込んでいる状態)している場合

形成外科によって、内反を治します(全身麻酔が必要です)

○眼そのものの病気を抱えている場合

眼の痛みや違和感によって涙が増えている場合は眼の疾患そのものの診断と治療が必要になります。(結膜炎、角膜潰瘍、緑内障、ブドウ膜炎、、、、などなどたくさんあります。それによって治療法が異なります。)

 

柴犬は上3つが結構見られます。また、アレルギーが関与している場合は通常両目に症状を伴うことがほとんどです。その場合は目薬、食事療法、インターフェロン療法が効果的です。

 

犬 についての関連する質問